書評・最新書評

村に火をつけ、白痴になれ―伊藤野枝伝 [著]栗原康

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)

[掲載]2016年05月08日

[ジャンル]社会 ノンフィクション・評伝

表紙画像

■体当たりで描く「汚名上等」

 漫画か劇画みたいな評伝である。なんたって、表題が『村に火をつけ、白痴になれ』ですからね。
 評伝の人物は、あの伊藤野枝(1895~1923)。平塚らいてうの後を継ぐ『青鞜』の二代目編集長として、ダダイストの辻潤を捨ててアナキストの大杉栄に走った恋愛スキャンダルの主として、関東大震災後、大杉らとともに憲兵大尉甘粕正彦に虐殺された国家権力の犠牲者として、つとに名高い女性である。
 だけど、なんだよなんだよ、冒頭から〈野枝のたたりじゃあ!〉って。
 福岡県に野枝の墓を訪ねた際、地元の郷土史家はこう語った。〈じつはなあ、この石、わしが子どものころは道ばたに放置してあったんよ〉〈大人から「あの石にふれちゃダメだよ。さわると赤(アカ)になっちゃうよ」といわれていたらしい〉。戦前こそ国賊扱いでも、いまとなっては近代の偉人に近いのでは、という著者の想像は打ち砕かれる。〈ひどいはなしだ、アナキストだから黒なのに〉。
 死後も「淫乱女」の汚名を着せられた野枝。でも、汚名がなにさ。本書の主張を集約すれば「汚名上等」「淫乱女で何が悪い」だろう。よってここから立ち上がるのは、どこまでも無軌道で猪突猛進(ちょとつもうしん)な元祖肉食系女子の姿である。
 17歳で婚家を飛び出し、女学校時代の教師だった辻潤と同棲(どうせい)し、大杉栄との恋愛は四角関係に発展し、わずか28年の人生で7人の子を産み……といった伝記的事実にさほど新しい発見はないものの、前著『現代暴力論』ではまだ保持されていた(そうでもないか)お行儀のよさをかなぐり捨てて、栗原康は野枝の人と思想に体当たりする。
 女を奴隷の地位にしばりつける結婚なんかクソくらえ。家庭はいらない。国家もいらない。非国民上等。友達がいれば百人力だ——公序良俗の僕(しもべ)と化した現代人のためのショック療法みたいな本。ヤワな精神に刺さること必至です。
    ◇
 くりはら・やすし 79年生まれ。東北芸術工科大学非常勤講師。専門はアナキズム研究。『大杉栄伝』など。

関連記事

ページトップへ戻る