書評・最新書評

共通文化にむけて 文化研究1/想像力の時制 文化研究2 [著]レイモンド・ウィリアムズ

[評者]武田徹(評論家・ジャーナリスト)

[掲載]2016年05月29日

[ジャンル]人文 社会

表紙画像

 文化に潜む政治性を論じる「カルチュラルスタディーズ」。『ニューレフト』誌を舞台にその研究の道を開いたフロントランナーの論考を日本で独自編集した。コミュニケーションや自然環境の議論と、ユートピアや都市を巡る考察などを2巻にまとめる。
 マルクスの下部構造決定論批判から現代社会にふさわしい文化研究を模索した思考の軌跡は、その語り口も含めて改めて魅力的に感じた。著者は小説の実作も実は多く手掛け、生家には「ライター」と印(しる)した記念板があると編者あとがきで知ったが、確かに本書所収の学術的論考にも豊かな文彩がちりばめられ、エッセーの味わいを兼ね備える。
 一つのイデオロギーに支配されるのではなく、異なる立場の者が対話を継続できる状態こそ「ふつうの文化」の姿と考えた著者は、研究に際してもコミュニケーションの流れを創り出す書き手(ライター)であろうとしていた。その「言行一致」の貴重さが理解できる重量級の訳業だ。
    ◇
 川端康雄編訳、みすず書房 6264円、7020円

関連記事

ページトップへ戻る