書評・最新書評

ロマンティックあげない [著]松田青子

[評者]中村和恵(詩人・明治大学教授・比較文学)

[掲載]2016年07月03日

[ジャンル]文芸

表紙画像

 小気味いいテンポのお喋(しゃべ)りに、新鮮な批判精神が感じられるエッセイ集。話題はツイッターやネットニュース、アメリカのTVドラマや音楽、そして日々見聞きする、なぜか気になる小さなこと。映画館の座席配分、食堂やクリーニング屋の店員の言動、「写真はイメージです」という文言、「おもてなし」の蔓延(まんえん)。
 口調は軽妙でやわらかだが、切れ味は思いのほか鋭い。ことに女というものにまとわりつく「居心地悪いファンシーを、一つ一つ、さくさくと壊していく」あたりが痛快。小説や映画にいまだに「湧いてくる」白いワンピースの女という「問題」の指摘に、そうそう!と共感する人も多いのでは。
 そして批判するのと同じだけ、愛(いと)おしむ。テイラー・スウィフトが歌う「地味で奥手な女の子の片思いソング」を。マシュー・ボーン演出・男性主役のバレエ『SWAN LAKE』を。「好きすぎて」困ったことになるほど。温かい、でも媚(こ)びない姿勢がフェア。

関連記事

ページトップへ戻る