書評・最新書評

半席 [著]青山文平

[評者]末國善己(文芸評論家)

[掲載]2016年07月31日

[ジャンル]歴史

表紙画像

 男女の相克を描く短編集『つまをめとらば』で直木賞を受賞した著者の受賞後第一作は、男同士の複雑な関係に迫る連作集である。
 御家人の片岡直人は、役職のない小普請から幕府の監察役・徒目付(かちめつけ)に抜擢(ばってき)された。直人の父は旗本に昇進したが、子供に身分を相続させられない一代御目見(いちだいおめみえ)の半席だった。無役の苦労を知る直人は、片岡家が代々の旗本になれるように出世するため、上司に頼まれた奇妙な事件を調べ始める。
 老人が釣りの途中で筏(いかだ)の上を走り、堀に飛び込み死亡する。長く同じ武家に仕えた非正規の奉公人が、情け深い主人を死に至らしめるなどの六つの謎は、直人の調査によって意外な動機が浮かび上がるので、ミステリーとしても楽しめる。
 直人が貧困の連鎖を断ちたいと考えているように、各事件の当事者たちも、組織の論理に振り回されたり、将来に不安を感じたりしている。この状況が現代と似ているので、登場人物への共感も大きいはずだ。

関連記事

ページトップへ戻る