人類進化の謎を解き明かす [著]ロビン・ダンバー

[評者]柄谷行人(哲学者)  [掲載]2016年08月21日   [ジャンル]科学・生物 

表紙画像 著者:ロビン・ダンバー、鍛原多惠子  出版社:インターシフト

■運命を分けた集団形成の差

 気のおけない、互恵的な集団は、150人が限度である。この数は狩猟採集段階の共同体(クラン)から、新石器時代以後の村落、軍隊、地域教会、政治組織にいたるまで共通している。それがヒトの社会の基礎単位であるようで、ダンバー数として知られている。それを提唱したダンバーが、より全面的に人類進化の謎に迫ろうとしたのが、本書である。
 これまで考古学は、類人猿以来の進化の段階を、いわば「骨と石」に頼ってきた。それでは、認知的側面(心)や社会的側面における進化を見ることができない。ダンバーが提起したのは、二つの仮説である。第一に、「社会脳」の仮説。それは、社会の規模が大きく社会的行動が複雑になると、脳(新皮質)の容量が増大するということである。逆に、その容量から、集団の規模や認知能力を推測することができる。ダンバー数も、それらの相関性から見いだされたものだ。第二に、「時間収支」の仮説。一日の生活は、「摂食・移動・休息」、そして、集団(の絆)を維持するための「社交」からなる。それらのための時間をどう配分するかが、時間収支である。
 特に重要なのは、社交のための時間である。類人猿の段階では、それは毛づくろい(グルーミング)であった。それが脳内物質エンドルフィンをもたらす。人類において、毛づくろいに代わるものとして、集団における、笑い、歌、踊り、さらに、言語が生まれた。たとえば、摂食のための移動・労働などに時間をとられるようになると、社交のための時間が不足する。すると、集団が崩壊してしまう。また、集団の規模が大きくなっても、同じことになる。集団を広げつつそれを維持するためには、社交を集約し効率化しなければならない。それを果たすのが、祭式であり、また宗教である。
 言語・祭式・宗教などの起源については諸説ある。それを、このように「社会脳」と「時間収支」を組み合わせて見るのが、本書の新しい点である。もう一つ新しい点は、ネアンデルタール人が絶滅し現生人類が繁栄したのはなぜかという問題にかかわる。これも諸説あるが、著者によれば、ネアンデルタール人は、日差しの弱い高緯度地帯(ヨーロッパ)で暮らしていたため、視覚系(後頭葉)を発展させねばならなかった。そのため、言語機能にかかわる前頭葉は大きくならなかった。一方、後から来た現生人類は、日差しの強いアフリカで前頭葉を発達させてから、高緯度地帯に進出した。その結果生じた認知能力および集団形成の差が、両者の運命を分けたというのである。
    ◇
 Robin Dunbar 47年、英国生まれ。オックスフォード大学教授(進化心理学)。ダンバー数、社会脳仮説の提唱者で、著書に『友達の数は何人?』『ことばの起源』『科学がきらわれる理由』など。

この記事に関する関連書籍

人類進化の謎を解き明かす

著者:ロビン・ダンバー、鍛原多惠子/ 出版社:インターシフト/ 発売時期: 2016年06月


友達の数は何人?―ダンバー数とつながりの進化心理学

著者:ロビン ダンバー、Robin Dunbar、藤井 留美/ 出版社:インターシフト/ 発売時期: 2011年07月


ことばの起源 -猿の毛づくろい、人のゴシップ-

著者:ロビン・ダンバー、松浦俊輔、服部清美/ 出版社:青土社/ 発売時期: 2016年07月


科学がきらわれる理由

著者:ロビン ダンバー、Robin Dunbar、松浦 俊輔/ 出版社:青土社/ 発売時期: 1997年06月


柄谷行人(哲学者)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ