反東京オリンピック宣言 [編]小笠原博毅、山本敦久

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)  [掲載]2016年11月20日   [ジャンル]政治 社会 

 大衆が台頭した19世紀のイギリスで、J・S・ミルは「世論の圧制」を打破するため、「人々が普通でないということこそむしろ望ましい」と述べた。だが同時に「今や敢(あ)えて奇矯ならんとする者が極めて稀(ま)れであるということは、現代の主たる危険を示すものである」とも述べている。
 ミルの指摘は、いまの日本にそっくり当てはまる。2020年の東京オリンピック開催にどれほど問題が起ころうが、開催の返上や中止を訴える声はあまり聞こえてこない。そう思っていた矢先に本書が出た。論者によって力点は異なるにせよ、オリンピックが政治と結び付き、ナショナリズムの高揚をもたらすことに、多くの論者が問題の核心を見いだしている。
 では「非国民」の書かと言われれば決してそうではない。オリンピックの裏で「フクシマ」が忘却されようとしていることを告発する本書の論文からは、パトリオティズム(愛国心)が感じられるからだ。



原武史(放送大学教授・政治思想史)の他の書評を見る

この記事に関する関連記事

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ