最新の書評を読む

更新日:2017年07月16日2017年07月09日2017年07月02日

※祝日や年末年始などの場合、更新が遅れたり、掲載を見送ったりすることがあります

2017年07月16日

大不平等―エレファントカーブが予測する未来 [著]ブランコ・ミラノヴィッチ

大不平等―エレファントカーブが予測する未来 [著]ブランコ・ミラノヴィッチ

■グローバル格差は縮小へ  ピケティ『21世紀の資本』以来、久々に格差に関する問題作が現れた。本書は、グローバル化が格差拡大/縮小に与えた………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]経済

劇場 [著]又吉直樹

劇場 [著]又吉直樹

■開き直れない“無頼派”の苦闘  芥川賞を受賞した又吉直樹のデビュー作『火花』は売れない漫才コンビの片割れを語り手に「表現者の苦悩」を描い………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]文芸

PTAという国家装置 [著]岩竹美加子/ある日うっかりPTA [著]杉江松恋

PTAという国家装置 [著]岩竹美加子/ある日うっかりPTA [著]杉江松恋

■経験者が教える変えるヒント  役員を押し付けられた、無駄な仕事が多いなどPTAへの不満は多いのではないか。今回は、公立小学校のPTAで仕………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]人文

偽装死で別の人生を生きる [著]エリザベス・グリーンウッド

偽装死で別の人生を生きる [著]エリザベス・グリーンウッド

■現代社会の病理うつす取材記録  死亡偽装による保険金詐欺を記事にしたことがある。パキスタン人の夫が同国内で交通事故死したとして、日本人の………[もっと読む]

[評者]
[掲載]2017年07月16日

琉球文学論 [著]島尾敏雄

琉球文学論 [著]島尾敏雄

 奄美群島内の加計呂麻島を舞台に、島尾敏雄と妻ミホとの戦時下での出会いの物語を越川道夫監督が映画化した「海辺の生と死」の試写を観(み)て、満………[もっと読む]

[評者]佐伯一麦 (作家)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]社会

枕草子のたくらみ―「春はあけぼの」に秘められた思い [著]山本淳子

枕草子のたくらみ―「春はあけぼの」に秘められた思い [著]山本淳子

 名作を当時の人の心で読むのは難しい。現在語られていることを一度すべて忘れて、その時代になにがあったのか、人々はどういう生活をし、なにに関心………[もっと読む]

[評者]サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]歴史 文芸

特高と國體の下で―離散、特高警察、そして内戦 [著]孫栄健

特高と國體の下で―離散、特高警察、そして内戦 [著]孫栄健

■拷問受けた「在日」の心象を描く  1918年2月に朝鮮の慶尚南道に生まれた朴庸徳の歩みを在日3世の著者が追跡調査する。朴は7歳で家族と共………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]歴史

一枚の切符―あるハンセン病者のいのちの綴り方 [著]崔南龍

一枚の切符―あるハンセン病者のいのちの綴り方 [著]崔南龍

■浄化の対象として隔離した歴史  いまハンセン病療養施設にいる人の平均年齢は85歳になった。同年代の著者は、10歳のときから岡山県長島の邑………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年07月16日
[ジャンル]社会

2017年07月09日

アール・ブリュット―野生芸術の真髄 [著]ミシェル・テヴォー

アール・ブリュット―野生芸術の真髄 [著]ミシェル・テヴォー

■抵抗と闘争を続ける表現者  本書は、日本でもこのところ頻繁に見掛けるようになったアール・ブリュットをめぐる古典的な一冊。フランスの画家ジ………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

ホサナ [著]町田康

ホサナ [著]町田康

■わかるとはどういうことなのか  いまさらながら、日本語とは不思議なものである。  ちょっとながめるだけでも、漢字と平仮名、片仮名がいりま………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]人文

生きる職場―小さなエビ工場の人を縛らない働き方 [著]武藤北斗

生きる職場―小さなエビ工場の人を縛らない働き方 [著]武藤北斗

■信用し、任せることで成長導く ●欠勤の連絡はしなくていいどころか禁止。  →連絡するほうも気が重いし、もらう側も、来ると思っていた人が急………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]経済 社会

色仏 [著]花房観音

色仏 [著]花房観音

■幕末の京、女の観音像に妖気  時は幕末。北近江のある村の寺に十一面観音があった。本書の主人公、烏(からす)は、その寺に住み、観音を眺めな………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]文芸

発酵文化人類学―微生物から見た社会のカタチ [著・イラスト]小倉ヒラク

発酵文化人類学―微生物から見た社会のカタチ [著・イラスト]小倉ヒラク

■菌も人間も両方うれしい関係  みんなあつまれ。シェフ・ヒラクの発酵クッキング、はっじまるよ〜♪  まずは、用意するもの。  ◇ホモ・ファ………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]科学・生物

暗い時代の人々 [著]森まゆみ

暗い時代の人々 [著]森まゆみ

■精神の自由掲げた9人の輝き  直言居士がいない時代である。立場よりも、正道を貫く人間の姿がない。組織の空気を読むばかりを美徳とする風潮が………[もっと読む]

[評者]立野純二(本社論説主幹代理)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]人文 社会

熟議民主主義の困難―その乗り越え方の政治理論的考察 [著]田村哲樹

熟議民主主義の困難―その乗り越え方の政治理論的考察 [著]田村哲樹

 先の国会では熟議が公然と蔑(ないがし)ろにされたが、市民社会ではどうだろうか。本書は、熟議の場が、議会や市民参加のフォーラムだけではなく多………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]政治

我々みんなが科学の専門家なのか? [著]ハリー・コリンズ

我々みんなが科学の専門家なのか? [著]ハリー・コリンズ

 今の世の中、その道の専門家に頼らなければできないことばかりだけれども、肝心のその専門家が、どうにも信頼できない。私たちは専門家をどのように………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2017年07月09日
[ジャンル]人文 科学・生物

2017年07月02日

なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?―“カワイイ”を世界共通語にしたキャラクター [著]クリスティン・ヤノ

なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?―“カワイイ”を世界共通語にしたキャラクター [著]クリスティン・ヤノ

■謎多いクールジャパンの象徴  百年後にも残っている日本文化はなにかという話をすると、ハローキティかマリオブラザーズではないかとなることが………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]社会

永遠の道は曲りくねる [著]宮内勝典

永遠の道は曲りくねる [著]宮内勝典

■生命の連続、宇宙的スケールで  3・11以降のいまを、地球的、いや宇宙的なスケールで描き切った長編小説である。戦争で約20万人の死者があ………[もっと読む]

[評者]佐伯一麦 (作家)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]文芸

うき世と浮世絵 [著]内藤正人

うき世と浮世絵 [著]内藤正人

■江戸と現代のサブカルをつなぐ  アニメなどの原作となっている挿絵入りの小説は現在「ライトノベル」と呼ばれ、文学賞を争うような小説群と区別………[もっと読む]

[評者]サンキュータツオ(お笑い芸人、日本語学者)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

無くならない―アートとデザインの間 [著]佐藤直樹

無くならない―アートとデザインの間 [著]佐藤直樹

■肩書が無いところに「力」の源  著者は「アートディレクター」として20年以上仕事をしてきた。しかし、もうそんな肩書はやめようと言う。とは………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論 [著]宮沢章夫ほか

NHK ニッポン戦後サブカルチャー史 深掘り進化論 [著]宮沢章夫ほか

■世の中の先端でざわめくリズム  つい数十年前まで、日本では流行歌、欧米ではポピュラーと言われていた音楽があった。日本では後者は「大衆音楽………[もっと読む]

[評者]細野晴臣(音楽家)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]社会

ウラルの核惨事―ジョレス・メドヴェージェフ、ロイ・メドヴェージェフ選集第二巻 [著]ジョレス・A・メドヴェージェフ

ウラルの核惨事―ジョレス・メドヴェージェフ、ロイ・メドヴェージェフ選集第二巻 [著]ジョレス・A・メドヴェージェフ

■極秘にされた原子力災害を暴く  1957年、旧ソ連の南ウラルに位置する秘密工場の放射性廃棄物貯蔵庫で爆発があり、のちのチェルノブイリにも………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]科学・生物

落語魅捨理全集―坊主の愉しみ [著]山口雅也

落語魅捨理全集―坊主の愉しみ [著]山口雅也

 落語家が探偵だったり、演目がヒントになったりする落語ミステリーは多い。著者5年ぶりの新作も落語ミステリーだが、従来の作品とは一線を画してい………[もっと読む]

[評者]末國善己(文芸評論家)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]歴史 文芸

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか [編]玄田有史

人手不足なのになぜ賃金が上がらないのか [編]玄田有史

 BIS(国際決済銀行)が先日発表した年次報告書は、世界的に先進国で賃金上昇が遅くなっている問題を指摘した。グローバリゼーションやオートメー………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年07月02日
[ジャンル]経済

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る