最新の書評を読む

更新日:2017年11月12日2017年11月05日2017年10月29日

※祝日や年末年始などの場合、更新が遅れたり、掲載を見送ったりすることがあります

2017年11月12日

メタヒストリー―一九世紀ヨーロッパにおける歴史的想像力 [著]ヘイドン・ホワイト

メタヒストリー―一九世紀ヨーロッパにおける歴史的想像力 [著]ヘイドン・ホワイト

■歴史を「言語」から見直す企て  著者ヘイドン・ホワイトは、歴史学を、「物語性をもった散文的言説という形式をとる言語的構築物」としてみる。………[もっと読む]

[評者]柄谷行人(哲学者)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]歴史

憲法と世論―戦後日本人は憲法とどう向き合ってきたのか [著]境家史郎

憲法と世論―戦後日本人は憲法とどう向き合ってきたのか [著]境家史郎

■改憲望む有権者、データで分析  先月行われた総選挙の結果、与党をはじめ改憲勢力が議席の圧倒的多数を占めるようになり、改憲の発議も現実味を………[もっと読む]

[評者]齋藤純一(早大教授)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]政治

転生の魔―私立探偵飛鳥井の事件簿 [著]笠井潔

転生の魔―私立探偵飛鳥井の事件簿 [著]笠井潔

■43年前の謎、戦後史問い直す  作家、評論家として活躍する笠井潔だが、最近は評論の仕事が中心になっていた。本書は6年ぶりのミステリーであ………[もっと読む]

[評者]末國善己 (文芸評論家)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]文芸

シンパサイザー [著]ヴィエト・タン・ウェン

シンパサイザー [著]ヴィエト・タン・ウェン

■スパイ視点で描くベトナム戦争  サイゴン陥落でベトナム戦争が終結した1975年に私は小学6年生。当時読んだ人気漫画「サイボーグ009」シ………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]文芸

擬 MODOKI―「世」あるいは別様の可能性 [著]松岡正剛

擬 MODOKI―「世」あるいは別様の可能性 [著]松岡正剛

 編集という行為に、きわめて独特の視点と広がりを与え続けてきた松岡正剛による本書は、ものの見方、とくに日本文化についての柔軟な論から成るエッ………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]社会

機龍警察―狼眼殺手 [著]月村了衛

機龍警察―狼眼殺手 [著]月村了衛

 気がつくと朝になっていたということがよくおこる、巻を措(お)くあたわざる機龍警察もシリーズ6作目。  4作目までで主要な登場人物たちの過去………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]文芸

小さな大世界史―アフリカから出発した人類の長い旅 [著]ジェフリー・ブレイニー

小さな大世界史―アフリカから出発した人類の長い旅 [著]ジェフリー・ブレイニー

■流れの速いスリリングな航海  ホモ・サピエンスのみなさま、ようこそ「出アフリカ・クルーズ」へ。流れが速いので、しっかりおつかまりください………[もっと読む]

[評者]山室恭子(東工大教授)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]歴史

消費大陸アジア―巨大市場を読みとく [著]川端基夫

消費大陸アジア―巨大市場を読みとく [著]川端基夫

■日本企業の苦闘・成功例を分析  アジアからの観光客でごった返す大阪の黒門市場を先日覗(のぞ)いてみた。彼らの購買力は凄(すさ)まじく、3………[もっと読む]

[評者]加藤出 (東短リサーチチーフエコノミスト)
[掲載]2017年11月12日
[ジャンル]経済

2017年11月05日

新しい分かり方 [著]佐藤雅彦

新しい分かり方 [著]佐藤雅彦

■心地よく見え方をずらされる  とりたてて何も考えずに何かを見ているときでも、見ることのうちに「思考」は入り込んでいる。テーブルの上をぼー………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]人文 科学・生物

高倉健―七つの顔を隠し続けた男 [著]森功

高倉健―七つの顔を隠し続けた男 [著]森功

■虚像と実像が刺し違える危うさ  「健さん」の愛称で親しまれた高倉健が逝って3回目の命日(11月10日)が5日後にやってくる。  1960………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 ノンフィクション・評伝

トラクターの世界史―人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち [著]藤原辰史

トラクターの世界史―人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち [著]藤原辰史

■未来のイメージ、体現した存在  エルヴィス・プレスリーが得意満面に乗り回し、カメラの前でポースをとる。小林旭が♪燃える男の~、とCMソン………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]歴史 社会

都市は人なり―Sukurappu ando Birudoプロジェクト 全記録 [著]Chim↑Pom

都市は人なり―Sukurappu ando Birudoプロジェクト 全記録 [著]Chim↑Pom

■野生で切り拓く冒険的なアート  昨今、美術館での展示を巡る表現規制が目立つ。冒険的な企画の実現は次第に難しくなりつつある。アートが自然や………[もっと読む]

[評者]椹木野衣 (美術評論家)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能 社会

高架線 [著]滝口悠生

高架線 [著]滝口悠生

 都心と郊外を結ぶ鉄道には、JR中央線のように高架が延々と続く線もあれば、西武新宿線のように高架のほぼない線もある。一方、池袋を起点とする西………[もっと読む]

[評者]原武史(放送大学教授・政治思想史)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]文芸

ティンパニストかく語りき [著]近藤高顯

ティンパニストかく語りき [著]近藤高顯

 中学の時に、私が初めてオーケストラの実演に接した曲が、ティンパニが大活躍するブラームスの交響曲第1番だったためか、縁の下の力持ちでありなが………[もっと読む]

[評者]佐伯一麦 (作家)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]アート・ファッション・芸能

政治経済の生態学―スウェーデン・日本・米国の進化と適応 [著]スヴェン・スタインモ

政治経済の生態学―スウェーデン・日本・米国の進化と適応 [著]スヴェン・スタインモ

■高福祉で高競争力、両立の秘密  グローバル化で福祉国家の維持は困難になるとされてきた。だが、この仮説は現実には妥当しないと本書は結論づけ………[もっと読む]

[評者]諸富徹(京都大学教授・経済学)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]政治 経済

経験をリセットする―理論哲学から行為哲学へ [著]河本英夫

経験をリセットする―理論哲学から行為哲学へ [著]河本英夫

■世界と自分を変えるために  かつて河本さんの『オートポイエーシス』という本を読んだことがある。何が書いてあるのかさっぱりわからなかった。………[もっと読む]

[評者]宮田珠己(エッセイスト)
[掲載]2017年11月05日
[ジャンル]人文

2017年10月29日

一句頂一万句 [著]劉震雲 / パリに終わりはこない [著]エンリーケ・ビラ=マタス

一句頂一万句 [著]劉震雲 / パリに終わりはこない [著]エンリーケ・ビラ=マタス

■朴訥と技巧、対照的な笑い  笑いのない人生はつらいが、自分の人生が面白いものかどうかは、当人には意外にわからない。ひどくまじめでいること………[もっと読む]

[評者]円城塔  (作家)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]文芸

ゴースト [著]中島京子

ゴースト [著]中島京子

■今もひっそり、「そこ」にいる  文豪の怪談小説は別として現代小説のこの手の本は初めてです。怪談の醍醐味(だいごみ)はジトッと濡(ぬ)れて………[もっと読む]

[評者]横尾忠則(美術家)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]文芸

中原中也―沈黙の音楽 [著]佐々木幹郎

中原中也―沈黙の音楽 [著]佐々木幹郎

■日本語の「歌」、実作者の目から  中原中也における「歌」の問題を、本書は詩と詩集(『山羊の歌』『在りし日の歌』)の生成過程を独自の見方で………[もっと読む]

[評者]蜂飼耳(詩人・作家)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]ノンフィクション・評伝

大人のための社会科―未来を語るために [著]井手英策・宇野重規・坂井豊貴・松沢裕作

大人のための社会科―未来を語るために [著]井手英策・宇野重規・坂井豊貴・松沢裕作

■「どこかおかしい」を解き明かす  「現代社会の基礎知識を教えてくれる本かな」  「そう思っちゃうよね。表紙しか見てないだろ」  「いや、………[もっと読む]

[評者]野矢茂樹(東大教授)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]政治 社会

吹奏楽の神様 屋比久勲を見つめて―叱らぬ先生の出会いと軌跡 [著]山崎正彦

吹奏楽の神様 屋比久勲を見つめて―叱らぬ先生の出会いと軌跡 [著]山崎正彦

 高名なジャズトランペッターが舞台上で中学生のドラマーを往復ビンタした、と報じられたのは2カ月ほど前。スポーツや音楽の場においてスパルタ教育………[もっと読む]

[評者]斎藤美奈子(文芸評論家)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]教育 ノンフィクション・評伝

ギガマネー 巨大資金の闇―富の支配者たちを狙え [著]太田康夫

ギガマネー 巨大資金の闇―富の支配者たちを狙え [著]太田康夫

 プライベートバンキングと呼ばれる富裕層向け金融業務の実態に迫った本書で、富の集中のすさまじさを知った。世界の全資産の半分近くを資産1億円以………[もっと読む]

[評者]市田隆(本社編集委員)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]経済

戦争の大問題―それでも戦争を選ぶのか。 [著]丹羽宇一郎

戦争の大問題―それでも戦争を選ぶのか。 [著]丹羽宇一郎

■歴史を知らずに大人になる不幸  一冊の書はときに生命体になりうる。本書はまさにそうだ。  伊藤忠商事名誉理事、元中国大使、日中友好協会会………[もっと読む]

[評者]保阪正康(ノンフィクション作家)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]政治

リスクと生きる、死者と生きる [著]石戸諭

リスクと生きる、死者と生きる [著]石戸諭

■東日本大震災をどう記憶するか  社会が何かを記憶するとはどういうことなのか。  二〇一一年三月一一日の東日本大震災と福島第一原発事故から………[もっと読む]

[評者]佐倉統(東京大学大学院情報学環長・科学技術社会論)
[掲載]2017年10月29日
[ジャンル]社会

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る