書評・最新書評

諏訪根自子 [著]萩谷由喜子

[評者]出久根達郎(作家)

[掲載]2013年04月21日

[ジャンル]ノンフィクション・評伝

表紙画像

■ナチスから贈られた名器の謎

 ショックだったのは、この人の死が半年もたってから報じられたことだった。それも外国の新聞が亡き人として取り上げていたため、確認して判明したのである。わが国では彼女は忘れられた「天才ヴァイオリニスト」だった。無理もない。若い音楽ファンでさえ、多く名前を知らない。独特の名は、根を養えば木は自(おの)ずから育つ、の意を込めて両親に命名されたという。
 会社員の娘である。来日した大ヴァイオリニスト・ジンバリストにその才能を認められ、十歳の天才少女と一躍はやされる。十六歳でベルギーに留学、パリからベルリンへ。
 ナチス政権下、宣伝相のゲッベルスから名器ストラディヴァリウスを贈られる。
 戦後この一件が彼女を苦しめた。名器はナチスの略奪品と非難され、返還すべきとの声もあった。彼女は沈黙する。
 本書は伝説の演奏家の初の評伝だが、根自子が大切に愛用した名器については、実妹が興味深い証言をしている。これも衝撃の意外さである。
     ◇
 アルファベータ・2520円

関連記事

ページトップへ戻る