※祝日などの場合、更新が遅れたり、掲載を見送ったりするコンテンツがあります

書評・コラムを読む

伯爵夫人 [著]蓮實重彦

伯爵夫人 [著]蓮實重彦
■官能の奥に戦争へのまなざし 東大元総長という肩書。三島賞の受賞会見での不機嫌な振る舞い。そんな外形的な情報に惑わされてはなり………[もっと読む]

[評者] 斎藤美奈子(文芸評論家)

[掲載] 2016年07月24日

[ジャンル] 文芸 

イエスの幼子時代 [著]J・M・クッツェー

イエスの幼子時代 [著]J・M・クッツェー
■善意だけの静かな国、その恐怖 世界の酷薄さと暴力性を最も知悉(ちしつ)している作家クッツェーの、驚異的な新作。あまりに面白す………[もっと読む]

[評者] 星野智幸(小説家)

[掲載] 2016年07月24日

[ジャンル] 文芸 

未確認動物UMAを科学する [著]D・ロクストン、D・R・プロセロ

未確認動物UMAを科学する [著]D・ロクストン、D・R・プロセロ
■“それ”を見させるものは何か? 雪男。ネッシー。一度でいいから見てみたい。考えただけでワクワクしてくる。だが残念なことに、ど………[もっと読む]

三島由紀夫 幻の皇居突入計画 [著]鈴木宏三

三島由紀夫 幻の皇居突入計画 [著]鈴木宏三
■理想としての天皇を守るとは 1960年代後半は、学生運動が高揚した時代だった。68年10月21日の国際反戦デーで騒乱の巷(ち………[もっと読む]

蔡英文 新時代の台湾へ [著]蔡英文

蔡英文 新時代の台湾へ [著]蔡英文
■中小企業群が担う強靱な経済 著者は、台湾総統選で国民党候補に圧勝し、本年5月に台湾初の女性総統に就任した。いま、世界でもっと………[もっと読む]

リトル・ボーイ [著]マリーナ・ペレサグア

リトル・ボーイ [著]マリーナ・ペレサグア
■遠い被爆体験、新世代が描く 七十年経ち、反省の時代は終わった。そんなジェスチャーが目につくいま、先の大戦はいかに語られるのか………[もっと読む]

黄昏の調べ―現代音楽の行方 [著]大久保賢

黄昏の調べ―現代音楽の行方 [著]大久保賢
 新しさを求めて、クラシックから進化した現代音楽の歴史をコンパクトにまとめている。20世紀初頭の調性からの離脱や民俗音楽の採取………[もっと読む]

愉しき夜―ヨーロッパ最古の昔話集 [著]ストラパローラ

愉しき夜―ヨーロッパ最古の昔話集 [著]ストラパローラ
 ヨーロッパの昔話といえばペローやグリムが思い浮かぶ。それらの成立に重要な影響を与えたのが十六世紀半ばにヴェネツィアで出版され………[もっと読む]

[評者] 蜂飼耳(詩人・作家)

[掲載] 2016年07月24日

[ジャンル] 文芸 

大岡信の詩と真実 [編]菅野昭正

大岡信の詩と真実 [編]菅野昭正
■歴史を意識した詩人の多面性 大岡信といえば、「折々のうた」を思い浮かべる人は多いだろう。古代から現代までの詩歌をめぐるコラム………[もっと読む]

[評者] 蜂飼耳(詩人・作家)

[掲載] 2016年07月17日

[ジャンル] 文芸 

新着コラム

話題の新刊(週刊朝日)

社会をちょっと変えてみた [著]駒崎弘樹、秋山訓子

2016年07月20日

社会をちょっと変えてみた [著]駒崎弘樹、秋山訓子

 社会の中で生きづらさを強いられる人たちがいる。性…[もっと読む]

ベストセラー解読(週刊朝日)

求愛 [著]瀬戸内寂聴

2016年07月20日

求愛 [著]瀬戸内寂聴

■愛欲の始末の悪さ 今年94歳になった瀬戸内寂聴が…[もっと読む]

文庫・新書イチオシ(週刊朝日)

「来ちゃった」 [文]酒井順子 [画]ほしよりこ

2016年04月19日

「来ちゃった」 [文]酒井順子 [画]ほしよりこ

■酒井順子の三つの「力」 酒井さんは女性版・赤瀬川…[もっと読む]

コミック

盆の国 [作]スケラッコ

2016年07月24日

盆の国 [作]スケラッコ

■死者がそばにいる真夏のひととき もうすぐお盆休み…[もっと読む]

ビジネス

捨てられる銀行 [著]橋本卓典

2016年07月24日

捨てられる銀行 [著]橋本卓典

■金融庁の「奴隷」から解放する改革 金融庁といえば…[もっと読む]

CROSS OVER(週刊朝日)

傀儡(くぐつ)に非(あら)ず [著]上田秀人

2016年04月19日

傀儡(くぐつ)に非(あら)ず [著]上田秀人

■悪評判の武将を魅力的に描く 現在の歴史・時代小説…[もっと読む]

注目の特集

2016年04月10日

 2016年春の第88回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、……[もっと読む]

2016年02月10日

 芥川賞・直木賞といえば、日本の文学作品に関する最高の賞とし……[もっと読む]

ここに掲載されている記事や書評などの情報は、原則的に初出時のものです。

ページトップへ戻る

ブック・アサヒ・コム サイトマップ