1. HOME
  2. 書評
  3. 「ギャンブリング害」書評 産業化を推進した「強い個人」像

「ギャンブリング害」書評 産業化を推進した「強い個人」像

評者: 坂井豊貴 / 朝⽇新聞掲載:2021年07月24日
ギャンブリング害 貪欲な業界と政治の欺瞞 著者:レベッカ・キャシディ 出版社:ビジネス教育出版社 ジャンル:社会・時事

ISBN: 9784828308630
発売⽇: 2021/06/15
サイズ: 21cm/388,38p

ギャンブル産業はいまや多国籍企業が運営するビッグビジネスへと変貌を遂げている。ギャンブル企業の巧妙な駆け引きと政府の失敗、被害者が被る精神的陥穽について、20年にわたる膨…

「ギャンブリング害」 [著]レベッカ・キャシディ

 かつてイギリスの賭博店は、陰気な雰囲気をまとっていた。外から店内が見えないようドアには目隠しがあり、窓は不透明だった。楽しそうな店内を見せ「需要を刺激する」ことが、法律で禁止されていたのだ。それが大きく変わったのは1986年。法改正で規制が緩和され、ギャンブルは産業として成長していった。やがてイギリスは政府まで国営宝くじを開始。これを推進したメージャー首相は「貧しい人々に希望を与えた」のだと語る。そうして成長したギャンブル産業について、著者は長年、実地調査を続けてきた。その20年にわたる調査をまとめたのが本書である。
 事業者はもちろん、政府や法律家など、様々なプレーヤーがギャンブルの推進には関わっている。印象的なのは、それらのみならず、ある種の「強い個人」像が、推進の強力な原動力として働いてきたことだ。例えばメージャーは「宝くじは、買わなければいけないものではない。だから、なぜ買うチャンスすら与えてはいけないのか」という。そこには、人間は自分の意思で買うか否かの選択ができる、その自己コントロールができる程度には強い、という個人像が仮定されている。
 だがそれほど人間の自己コントロール力は強いわけではない。ギャンブル依存症になったり、行動情報マーケティングに操られて大金を賭けたりする。これは少数の極端なギャンブラーの話ではない。ある調査によるとイギリスにはギャンブル依存症の患者や、近い状態にある者が200万人以上いるという。
 患者の多くは、周囲に助けを求められない。「責任あるギャンブリング」をできなかった自分を悪いと思うからだ。自己責任論の内面化である。一方、患者1人に対して直接影響を受けるのは、家族や同僚など平均6人にも及ぶ。世の中にギャンブル的なものは多々あれど、本物のギャンブルと比べると、それらが可愛らしく見えてくる。
    ◇
Rebecca Cassidy ロンドン大学ゴールドスミス・カレッジ人類学教授。賭博を定性調査した共著がある。