1. HOME
  2. 書評
  3. 『「母と息子」の日本論』書評 ジェンダー構造の歪みの原因?

『「母と息子」の日本論』書評 ジェンダー構造の歪みの原因?

評者: 本田由紀 / 朝⽇新聞掲載:2020年10月24日
「母と息子」の日本論 著者:品田知美 出版社:亜紀書房 ジャンル:社会・文化

ISBN: 9784750516493
発売⽇: 2020/07/21
サイズ: 19cm/250p

成績がよいことですべてが免罪される男たち。それを支える母と息子の濃密な関係が日本社会の基層を作っている。教育ママ、ひきこもりなど、母と息子の関係性をものさしとして、日本社…

「母と息子」の日本論 [著]品田知美

 この国のジェンダー構造の歪(ゆが)みは数々のデータから明らかだ。その原因が、「母と息子」の関係にあるのでは?と本書は問いかける。
 甘えさせ、かいがいしく世話を焼き、その実、息子を地位達成に駆り立てる母親。外での仕事から結婚や出産で家の中に「転職」した女性たちにとって、今度は子育てが「仕事」となる。
 成長した息子は、今度は妻に母親の代役を求める。母も妻も「かあちゃん」と呼ばれるのがその証拠。でも時に母親からの期待は呪縛と化し、息子は過酷な長時間労働から逃げることもできなくなる上に、女性嫌悪にもいたりがちだ。
 娘にとっての母親の重さは指摘されてきたが、実は息子にとっても母は重く、それが男性と女性が対等に向き合えない結果をもたらしている、と著者は説く。
 解決策は「母と子の分離」だ。独立の人格として、意思と生き方を尊重し合うこと。私は息子にそうできているだろうか、と刺さってくる本でもある。