1. HOME
  2. 書評
  3. 「この国のかたちを見つめ直す」書評 いまの政治に潜む「作者の問い」

「この国のかたちを見つめ直す」書評 いまの政治に潜む「作者の問い」

評者: 須藤靖 / 朝⽇新聞掲載:2021年10月09日
この国のかたちを見つめ直す 著者:加藤 陽子 出版社:毎日新聞出版 ジャンル:社会・時事

ISBN: 9784620326900
発売⽇: 2021/07/27
サイズ: 19cm/286p

なぜ日本学術会議の名簿から6名が除外されたのか? 日本近現代史の泰斗が、政権が個人を「弾圧」する、その隠された真意を歴史学の手法で解き明かす。『毎日新聞』掲載を単行本化。…

「この国のかたちを見つめ直す」 [著]加藤陽子

 政治を変革させ得る時期が来た。政治に限らず、単なる印象に過ぎない意見が知らぬ間に定着しがちな今こそ、正確な事実に基づいた客観的検証が不可欠だ。
 本書は、著者が過去10年間にわたり、毎日新聞に連載したエッセーやコラムを中心にまとめたもの。
 国家に問う、震災の教訓、「公共の守護者」としての天皇像、戦争の記憶、世界の中の日本、歴史の本棚。全6章にちりばめられた透徹した論考の数々は、そのつど本を閉じ考えさせられるほど示唆に富んでいる。
 歴史学は「歴史の闇に埋没した『作者の問い』を発掘すること」との引用には、なるほどと思わされた。
 事実の積み重ねであるはずの歴史が、当事者を「作者」とする都合の良い物語に改変されてはならない。
 著者が繰り返し重要性を強調する正確な議事録や公文書は、過去の事実の理解にとどまらず、より良い未来の選択のために不可欠な判断材料となるのだ。
 新型コロナ対策において専門家集団と国民をつなぐ政治家、学術会議問題における官邸の意図、東日本大震災の対応と原発事故の検証、憲法第9条の意義と米中対立のなかでの安全保障観の変容、国民の総意に立脚した天皇の地位、桜を見る会・森友学園問題にみる公文書の不開示や改ざんの結果としての「公」の破壊。
 これらすべてにおいて、「作者の問い」の発掘をめざす歴史学者の矜持(きょうじ)が、行間に満ち溢(あふ)れている。
 東日本大震災時の政府の記録の扱いに関連する2012年の論考において、著者は「『だまされていた』と言って平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう」という伊丹万作の言葉を紹介している。敗戦後の状況を述べたこの指摘は、まるで現在進行形の諸問題に向けた発言そのものだ。
 深い学識に裏付けられた冷静かつ清々(すがすが)しい筆致。このような学者を遠ざけたいと思う「作者」が存在する理由が納得できた。
    ◇
かとう・ようこ 1960年生まれ。東京大教授(日本近現代史)。著書に『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』など。