1. HOME
  2. 書評
  3. 実情を解説 あり方を問う

実情を解説 あり方を問う

精神論ぬきの電力入門 (新潮新書) 著者:澤 昭裕 出版社:新潮社 ジャンル:新書・選書・ブックレット

価格:756円
ISBN: 9784106104831
発売⽇:
サイズ: 18cm/207p

再生可能エネルギーの将来性、電力自由化の損得、脱原発の現実味…。「無知」と「誤解」だらけの電力問題を、ウラオモテを知り尽くした元政策担当者が徹底解説する。【「TRC MA…

評者:原真人 / 朝⽇新聞掲載:2012年09月23日

精神論ぬきの電力入門 [著]澤昭裕

 原発事故のあと、エネルギー政策論議はある意味で自由度を失っている。「脱原発」の世論が一気に広がり、比較検討されるべき原発再稼働論は討論の場から排除された。だが国民生活の「インフラ中のインフラ」の電気は、どのような姿を理想とするにせよ、目の前の現実や生活と切り離して考えられはしない。
 本書は政策を熟知する元官僚の著者が、電力の実情をやさしく解説しつつ、そのあり方を問いかける入門書だ。そのために、さまざまな論点について読者に「不都合な真実」やデータもつきつける。
 例えば、電力会社間の競争を促せば料金は下がると言われる「発送電分離」や「電力自由化」。欧米での導入例ではむしろ値上がりした国が多い。まして電気が足りない現状の日本で導入すれば、間違いなく料金は上がるという。
 異論反論がある向きは著者に「精神論ぬき」で論戦を挑んでほしい。「いつでも受けて立つ」という気迫のこもった、内容の濃い新書だ。
    ◇
新潮新書・735円