1. HOME
  2. 書評
  3. なぜ「隔離」 闇を切り開く言葉 朝日新聞読書面書評から

なぜ「隔離」 闇を切り開く言葉 朝日新聞読書面書評から

評者: 椹木野衣 / 朝⽇新聞掲載:2019年02月23日
障害者の傷、介助者の痛み 著者:渡邉琢 出版社:青土社 ジャンル:福祉・介護

価格:2376円
ISBN: 9784791771226
発売⽇: 2018/12/11
サイズ: 19cm/392p

相模原障害者殺傷事件は社会に何を問いかけたのか。障害のある人とない人がともに地域で生きていくために何ができるのか。障害者介助に携わる著者が、介助者の言葉を紹介しながら、介…

病者障害者の戦後 生政治史点描 著者:立岩真也 出版社:青土社 ジャンル:社会学

価格:3240円
ISBN: 9784791771202
発売⽇: 2018/12/13
サイズ: 19cm/476,43p

国立療養所という、日本最大の病・障害の現場にまつわる膨大な言説を収集し、筋ジストロフィー症や重症心身障害、サリドマイド禍など、政策の課題ともされてきた病・障害の現代史を描…

障害者の傷、介助者の痛み [著]渡邉琢、病者障害者の戦後 生政治史点描 [著]立岩真也

 東京オリンピック・パラリンピックを控え、これまでになく障害者にスポットが当てられている。それは私が専門とする美術でも同様だ。障害者が描いた絵は、従来の美術の枠では捉え切れない魅力的なものが多く、国内外で注目が集まっている。だが、障害者の持つ可能性が開かれる反面、その影で見えにくくなっていくものもある。はなやかな障害者の姿に魅かれるだけで、なにかがわかった気になってはならない。
 ほぼ同時期に出たこの二冊は、一方は現場に立つ介助者の視点から、他方は過去の言説を検証する立場から、障害者をめぐる状況を描き、合わせて読むことで、その「現在」が立体的に浮き彫りになるように思われる。
 渡邉の著作では、書名にある通り、障害者をめぐる現状だけでなく、そのことと介助者の置かれた困難とが同格で扱われる。障害者は「傷」を負った者だ。それは確かだ。だが、それを介助する者も無傷というわけにはいかない。介助者は障害者の「傷」をともにすることで、心に「痛み」が生じる。しかも、この傷と痛みは「生存と労働をめぐる対立」のように、権利をめぐってしばしば相反する。
 そのことに無頓着では、傷は深まり、痛みは増す一方だ。なぜ「介護」でなく「介助」なのか。「ヘルパー」と「支援者」はなにが違うのか。「ケア」とは? ほかにも障害者が高齢となり介護保険を受ける立場となった際、障害者福祉との関係はどうなるのか(「介護保険優先原則」)。私たちはまだ知らないことばかりだ。
 本書が第Ⅰ部に「相模原障害者殺傷事件をめぐって」を置いているように、基調にあるのは、障害者はなぜ、地域から施設へと隔離されなければならなかったかということだ。立岩の著作は、そうした「隔離」をめぐる歴史的、というにはあまりにも近い過去の経緯や、それをめぐって発せられた言葉が検証されることもなく、ただ忘れられていく現状に対し、国立療養所に身を置いた者たち(当事者)、身を預かる者たち(医療従事者)、そして預けた者たち(家族たち)の行動や態度の変遷を「点描」というかたちで掘り起こしていく。
 論考でも、研究でも、調査でもないのは、それらが「隔離」する側の口実だったからだろう。立岩は「言葉を、例えば本を、字を書かない人で生きているなら声を、集めることをしている」。それなら点描にならざるをえない。というよりも、点描でしか確かめられない事実が、この領域では多すぎる。
 二冊に通じるのは、みずからが使う言葉への細心の注意と配慮だろう。その文体は驚くほど新鮮で、長く閉ざされた闇を切り開くようだ。
   ◇
 わたなべ・たく 75年生まれ。日本自立生活センター事務局員。著書に『介助者たちは、どう生きていくのか』▽たていわ・しんや 60年生まれ。立命館大教授(社会学)。著書に『不如意の身体』など。