1. HOME
  2. 書評
  3. 『「死んだふり」で生きのびる』書評 人間も無関係ではない延命行動

『「死んだふり」で生きのびる』書評 人間も無関係ではない延命行動

評者: 横尾忠則 / 朝⽇新聞掲載:2022年10月29日
「死んだふり」で生きのびる 生き物たちの奇妙な戦略 (岩波科学ライブラリー) 著者:宮竹 貴久 出版社:岩波書店 ジャンル:自然科学・科学史

ISBN: 9784000297141
発売⽇: 2022/09/15
サイズ: 19cm/132p

敵から逃れるために動きを止めて死んだふりをするのは意味あるの? 起き上がるタイミングはどう決まる? すぐ死んだふりをする虫はモテない上にストレスに弱い? 謎多き行動の裏側…

『「死んだふり」で生きのびる』 [著]宮竹貴久

 子供の頃、蛙(かえる)を捕ってお腹(なか)をなぜると、足をピンと伸ばして動かなくなるのが面白い遊びだったが、あれが実は「死んだふり」だったことを本書で初めて知った。
 「死んだふり」の研究は、世界中で誰もやっていない。だったら自分がやろうと生物学者の血がふつふつと沸いたという。蛙以外にも、例えば、豚や鶏、鮫(さめ)、蛇までが捕食者を回避するために「死んだふり」をする。それが進化した生き物の行動だと仮定して、生物学者は実験し続けるのである。
 生き物にとって、「死んだふり」という戦略は、どうも生き残るために有効な手段であるらしい。捕食者だと思われている鮫でさえ「死んだふり」をするらしいのだが、一体誰が鮫を襲うというのだろう。そんな生物界の不思議と謎が、次々と明らかにされていく。誰からも無視されている研究分野に没頭するその行為は、どこか芸術の無目的性と似ていて、僕は思わず共感してしまう。
 それにしても、「死んだふり」をするのは死を恐れての行動であるが、ミジンコにとって果たして死は如何(いか)なるものなのか。死によって自己が消滅するその個体は、一体死について何を知っているというのだろう。そんなどうでもいい興味に思わずとりつかれてしまう。
 ここで現実的な話になるが、僕はかつて死亡通知を新聞に掲載したり、遺作集を出版したりしたことがあるが、あれも「死んだふり」をして生きのびる手段だったのだろうか。また、僕の作品のほとんどが未完成であるが、これも創造的「死んだふり」で、次作への延命手段なのであろうか。
 動物の世界は「死んだふり」で溢(あふ)れているという。人間も動物である以上、「死んだふり」と無関係ではないだろう。「あなたも是非、死んだふりの世界に飛び込んでみては」と著者は結ぶ。
    ◇
みやたけ・たかひさ 1962年生まれ。岡山大教授。著書に『したがるオスと嫌がるメスの生物学』など。