1. HOME
  2. トピック
  3. 庶民が使った道具1000点

庶民が使った道具1000点

 『図説 江戸の暮らし事典』(企画集団エド編著、芙蓉書房出版・2700円)は、江戸時代の庶民が使った道具類を約1千点の写真や図で紹介する。あかりや暖房など住まいの道具、食器、装いや小物、玩具、旅の道具、商いや農耕の道具、祭りの道具などから、江戸庶民の知恵と工夫がわかる。=朝日新聞2018年10月6日掲載