1. HOME
  2. 書評
  3. 芸術祭 地域の回復・再生に一役

芸術祭 地域の回復・再生に一役

芸術文化の投資効果 メセナと創造経済 (文化とまちづくり叢書) 著者:加藤 種男 出版社:水曜社 ジャンル:経済

価格:3456円
ISBN: 9784880654508
発売⽇: 2018/10/02
サイズ: 21cm/386,12p

芸術文化振興への支援を意味する「メセナ」。長年、企業によるメセナ活動の現場に従事してきた著者が、芸術文化がいかに創造経済の発展のために重要な役割を果たしてきたかを数々の事…

評者:椹木野衣 / 朝⽇新聞掲載:2018年11月03日

芸術文化の投資効果 メセナと創造経済 [著]加藤種男

 「メセナ」と聞くと、ひと昔前の響きがある。バブルに沸いた時代の先入見だろうか。けれども本書を読むと、企業メセナは、その後の長期にわたる不況下でも途絶えることなく継続され、今ようやくその実を結びつつあることがわかる。
 以前との違いは、余剰を社会還元するだけではなくなっていることだ。もしもメセナが贅沢なら、真っ先に切られて仕方がない。文化は「金食い虫」だからだ。おのずと「経済」とは対立する。
 だが、著者が唱えるのは「創造経済」だ。前途の見えない時代だからこそ、企業にも新しい挑戦が必要となる。それなら、文化芸術と「企業」は相性がいいはずだ。芸術家はつねに未知の価値観を追求している。企業もこれまでにない視点を得ることができる。理想論だろうか? いや、100社を超える事例を挙げる本書には説得力がある。
 もうひとつの重要な論点は、このところますます盛んな「芸術祭」の動向についてだ。日本では、もともと文化芸術は生活に根付くものだった。それが近代化以降、お上から指導される「鑑賞」になってしまった。美術館から飛び出し、街や自然のなかで、土地の由来に耳を立て、住民の人たちと一緒になって作り出すアート・プロジェクトは、その点では新しいものではなく、この国の文化の本来のあり方に近い。
 だからこそ東日本大震災に関連し、まるごと一章を割いているのには注目だ。近年「乱立」する芸術祭を批判する向きがある。芸術を口実とする一過性の町おこしなら当然だ。ところが、土地に根付いた芸能と文化芸術の連携は、地域の復興に大きな役割を果たすことがわかってきた。
 今年は自然災害が相次いだ。「被災地」が、どこを指すのかわからないほどだ。芸術祭は、むしろ回復や再生とつながるかもしれない。本書は、文化芸術とその支援のあり方について、新たな眼を開かせてくれる。
    ◇
 かとう・たねお 1948年生まれ。クリエーティブ・ディレクター。アサヒ・アートフェスティバルなどを立ち上げた。