1. HOME
  2. 書評
  3. 「ひとりで暮らす、ひとりを支える」書評 住み慣れた家で老いる地域社会

「ひとりで暮らす、ひとりを支える」書評 住み慣れた家で老いる地域社会

評者: 間宮陽介 / 朝⽇新聞掲載:2019年07月13日
ひとりで暮らす、ひとりを支える フィンランド高齢者ケアのエスノグラフィー 著者:高橋 絵里香 出版社:青土社 ジャンル:福祉・介護

ISBN: 9784791771615
発売⽇: 2019/04/23
サイズ: 19cm/261p

「豊かで手厚い福祉」というイメージの北欧・フィンランド。しかし、実際はどうなのか。長年、島嶼地域に暮らす独居高齢者たちを調査してきた気鋭の文化人類学者が、フィンランドの高…

ひとりで暮らす、ひとりを支える フィンランド高齢者ケアのエスノグラフィー [著]高橋絵里香

 「群島町に暮らしている時、私はしょっちゅう天気のことを考えている」。こんな書き出しで始まる本書は、フィンランドの高齢者ケアを研究する一文化人類学者のフィールドワークの記録である。「群島町」――一万を超える島々からなる町を著者は仮にそう名付ける。島々を隔てる海は冬になると凍りつき、歩いて行き来することができる。朝起きてまず考えるのは、今日の寒さはどれくらいか、雪道の具合は、といったことで、天気を占わずには一日が始まらない。
 本書のキーワードは「ひとり」である。「一人」とも書けば「独り」とも書くこの言葉は、孤独、引きこもりの意味あいをもつ一方で、自立や独立を含意する場合もある。
 本書で紹介されている要介護高齢者は、ほとんどが自らの意志で一人暮らしをしている。その彼らも認知症がひどくなり、身体の自由がきかなくなれば施設に移るのだが、それまでは一人で生きる。
 これは、セルフ・ヘルプの考えによるものではないし、金銭勘定の結果でもない。住み慣れた家、その家で流れた時間、そして頭に残る過去の記憶、そうしたものを老いの伴侶としたいからである。このような「ひとり」を皆で支えるのがこの町の、そしてフィンランドの福祉である。
 本書は、公と私の間に介在する支援ネットワークに光をあてる。このネットワークを包含する地域社会は必ずしも一枚岩ではない。が、それは別に悪いことではない。なぜなら「全員が一致団結して同じ道徳的目的の下に行動する社会は、むしろ全体主義的なディストピアのように思えるから」である。フィンランドの個人主義は、社会の強制的セメント化に対する抑止力となっているのである。
 著者は高齢者の日常を追いながら、時折立ち止まって、公と私、自由、記憶と忘却などに思いを巡らす。筆遣いは平明で軽やか、読後感の清々しい本である。
    ◇
たかはし・えりか 1976年生まれ。千葉大准教授(文化人類学、医療人類学)。著書に『老いを歩む人びと』など。