1. HOME
  2. コラム
  3. 売れてる本
  4. 強い引力、現実主義で描く スコット・ギャロウェイ「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」

強い引力、現実主義で描く スコット・ギャロウェイ「the four GAFA 四騎士が創り変えた世界」

 「GAFA」とはグーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字をつないだ表現だ。いまのデジタル社会を生き抜くうえで、この四つの巨大企業を理解することが絶対に必要だ――本書はそう説いている。
 確かに、GAFA抜きの生活を思い出せなくなって、すでに久しい。ときには、巨大企業に自分のプライベートな情報を差し出している不気味さを感じる。書店や出版社の経営難や、雇用の喪失を聞くと、後ろめたくもなる。SNSによる社会の分断も心配だ。だが、圧倒的な便利さを経験すると、もう元に戻れそうにはない。
 このすさまじい引力の正体は何なのか。著者は、あけすけな表現を多用しながら、4社に共通する、まがまがしいまでの「強さ」を描きだしている。
 いわく、グーグルは脳(知識)、アマゾンは脳と指(狩猟採集本能)、フェイスブックは心(感情)、そしてアップルは性器(性欲)を刺激することで人間の心理に奥深く食い込み、破格の成功を収めた。
 成り上がる過程では「盗み」は、成長スピードが速いテック企業のコア・コンピタンス(能力)。「政府をだまして助成金を引き出し」、情報を借りて「相手に返すときにお金を取る」といった手法も珍しくない。
 そして、ひとたび成功すれば、新規参入を寄せ付けないように設備に投資して堀をめぐらす。米政府も反トラスト法などでの例外を認めているという。
 著者自身が講演で「まず何か聴衆の気を引くことを言う」というように、4社の裏の顔をなで切りにする記述は痛快だ。
 ただ、「少数の支配者と多数の農奴が生きる世界」への変容を描きつつも、その現実を変えようと訴えるわけではない。本書の後半では、GAFA後の世界を前提に、企業や個人が成功するための条件が検討される。
 起業家出身のビジネススクール教授としての現実主義ではあるのだろう。とはいえ、どこか荒涼とした読後感も残る。
    ◇
 渡会圭子訳、東洋経済新報社・1944円=3刷10万部。8月刊行。「薄々感じていたことの言語化。50~60代にも人気」と編集者。=朝日新聞2018年10月13日掲載

PROMOTION