1. HOME
  2. 書評
  3. 漁業の不透明な取引にまみれた実態

漁業の不透明な取引にまみれた実態

評者: 石川尚文 / 朝⽇新聞掲載:2018年12月15日
サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う 著者:鈴木智彦 出版社:小学館 ジャンル:ノンフィクション・ルポルタージュ

ISBN: 9784093801041
発売⽇: 2018/10/11
サイズ: 19cm/319p

密漁ビジネスは、暴力団の巨大な資金源となっている。その実態を突き止めるため、築地市場への潜入労働をはじめ、北海道から九州、台湾、香港まで足を運び突撃取材した、日本の食品業…

サカナとヤクザ 暴力団の巨大資金源「密漁ビジネス」を追う [著]鈴木智彦

 先日の漁業法改正で、ナマコやアワビの違法な採取に厳しい罰則を科す方針が決まった。組織的な密漁が横行しているためという。
 罪を承知で海を荒らすのは誰か。本書は、そこにヤクザが介在していることを、生々しく描き出す。
 暴力団関連の潜入ルポを手がけてきた筆者は、つてをたどり現場に通う。闇夜にアワビを水揚げする密漁団と海上保安庁の攻防を聞き出し、さらに市場に流通するルートを探ろうと、築地の業者で4カ月働く。
 北海道では中国発の「ナマコバブル」を追う。少人数で照明もつけずに深く潜るため、死亡事故も頻発する。それでも一獲千金を狙い密漁が繰り返される。
 ことの性質上、核心部分ほど匿名の登場人物が増えるのが歯がゆいが、その分、状況描写は具体的だ。
 私たちが何より知るべきは、最後に描かれる今のウナギ漁業の姿だろう。国内外での不透明な取引にまみれた実態を、見過ごすことはできない。