1. HOME
  2. 書評
  3. 人類の執念はすごいよ

人類の執念はすごいよ

評者: 山室恭子 / 朝⽇新聞掲載:2018年04月21日
酒の起源 最古のワイン、ビール、アルコール飲料を探す旅 著者:パトリック・E.マクガヴァン 出版社:白揚社 ジャンル:暮らし・実用

価格:3780円
ISBN: 9784826990608
発売⽇: 2018/03/03
サイズ: 20cm/475p

トウモロコシのビール、バナナのワイン、大麻入りの酒、神話や伝説の飲み物…。数十年にわたり世界中を旅し摩訶不思議な先史の飲料を再現してきた考古学者の、酒と人類にまつわる研究…

酒の起源―最古のワイン、ビール、アルコール飲料を探す旅 [著]パトリック・E・マクガヴァン

ごきげんバッカスのお通りだ!
 わーい、愉快愉快。人類が文明を生み出せたのは、お酒のおかげなんだって。酔っぱらうことで革新的な思考が刺激され、みんなでお祭り気分になれて共同体の絆も強まるってわけ。
 じっさいアルコールを求める人類の執念はすごいよ。たとえばトウモロコシ。5粒ぽっちしか実らないメキシコの草を、改良に改良を重ねて、ビールがつくれるまでに変身させちゃったんだから。
 世界中の酩酊(めいてい)の痕跡は、土器の内側にしみこんだ成分を化学分析すると分かるんだ。今のところ最古記録は9千年前の中国酒だけど、すぐに更新されそう。ニッポンのカッコイイ縄文式土器とか、化学分析すると何が出てくるのかな。
 もし古代エジプトでピラミッド建設員になったら、ビールは大きな壺(つぼ)から、みんなでストローでチューチュー吸うんだよ。
 ほろ酔い人類にカンパーイ♪ じゃあね。