1. HOME
  2. 書評
  3. 酒乱やらんちき騒ぎの冷静な描写

酒乱やらんちき騒ぎの冷静な描写

みんなバーに帰る 著者:パトリック・デウィット 出版社:東京創元社 ジャンル:小説・文学

価格:1836円
ISBN: 9784488010416
発売⽇: 2015/01/29
サイズ: 20cm/268p

きみはどこまで落ちていくのか?夜ごとハリウッドの場末のバーに集結する、ありとあらゆる種類のダメなひとびと。ウイスキー、テキーラ、ビールにコカインが乱舞する夜が明け、そして…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2015年03月01日

みんなバーに帰る [著]パトリック・デウィット

 アイリッシュ・ウイスキー、テキーラ、ラム、ウォッカ……。作中立ちこめる酒のにおいに酔いが回りそうになる。
 舞台はハリウッドの場末のバー。「生きてても不愉快なことばかりだし、せめて最高の酒を飲まなきゃ」と言う店長の頬は、コカインを乱用した影響でたるみはじめている。アルコールや薬物への依存に身を落としていくバーテンダー補助スタッフの主人公を軸に、似たような問題を抱える常連客たちの醜態ともいえる姿を描く。
 語り手が主人公を「君」と呼ぶ二人称小説。夜ごと店内で起こる酒乱やらんちき騒ぎの冷静な描写が、深刻さや感傷を排し、人間の“ダメさ”や滑稽さを際立たせる。
    ◇
茂木健訳、東京創元社・1836円