1. HOME
  2. 書評
  3. 性の自由、喜びと困難を追体験

性の自由、喜びと困難を追体験

女装して、一年間暮らしてみました。 著者:クリスチャン・ザイデル 出版社:サンマーク出版 ジャンル:エッセイ・自伝・ノンフィクション

価格:1728円
ISBN: 9784763134363
発売⽇:
サイズ: 19cm/300p

もう、「男らしさ」の檻の中で生きるのはやめた。著者が体を張ってのぞんだ、驚愕のノンフィクション。【「BOOK」データベースの商品解説】男性が女性として生活したら、心に、体…

評者:荻上チキ / 朝⽇新聞掲載:2015年07月12日

女装して、一年間暮らしてみました。 [著]クリスチャン・ザイデル

 本書は、1人の男性が「女性性を着る」物語であり、同時に「男性性を脱ぐ」物語でもある。風邪をひきやすい体質の著者が、寒さ対策にと女性用ストッキングを購入したことをきっかけに、女装を極めていくユーモラスな体験記。著者は、女性服のレパートリーの多さに驚き、男性服のレパートリーの少なさを発見する。そして、男性性の窮屈さを自覚し、性から自由であることの喜びと困難を知る。
 女装した「彼女」が街を歩いていると、売春をもちかけられ、胸を触られ、つばを吐きかけられ、罵声を浴びる。多数の好奇なまなざしを浴び、家族からの非難を受ける。多くの仲間を手に入れるが、多くの敵意も向けられる。あらゆる話を、「セックスの話」に結びつけられる。これらは、現に多くの性的少数者が受けている攻撃と重なる。本書を通じて読者は、自由と差別を追体験する。その後、どちらに憧れるべきか。答えはすぐわかる。
    ◇
 長谷川圭訳、サンマーク出版・1728円