1. HOME
  2. 書評
  3. 「嫌日家」となりつつある心の遍歴

「嫌日家」となりつつある心の遍歴

幻滅 外国人社会学者が見た戦後日本70年 著者:ロナルド・ドーア 出版社:藤原書店 ジャンル:社会・時事・政治・行政

価格:3024円
ISBN: 9784865780000
発売⽇: 2014/11/25
サイズ: 20cm/266p

依然としてどこよりも暮らしやすいが、右傾化した現在の政治・政策には違和感しかない−。戦後間もなく来日したイギリスの社会学者が、自身の「日本」という存在・国・イメージに対す…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2015年02月01日

幻滅-外国人社会学者が見た戦後日本70年 [著]ロナルド・ドーア

 「親日家」と呼ばれた1925年英国生まれの社会学者が、「嫌日家」となりつつある心の遍歴を、戦後日本の変化に沿って振り返った。50年に初来日した時、「あまりにも魅力的な異邦人社会」だったので、東京の日常生活を調査した。その後、農地改革や、雇用制度・労使関係の研究を続ける。「幻滅」が始まったのは80年代前半。鈴木善幸首相が、日米関係を「同盟」と呼んだのが転換点だ。米国のビジネス・スクールなどで教育された日本の「洗脳世代」が影響力を増し、日本を作りかえようとしたのが大きな原因だという。価値評価を避ける「学者」から、堂々と自分の判断を述べる「公共的知識人」となった著者の、率直な言葉が刺激的だ。
    ◇
 藤原書店・3024円