1. HOME
  2. 書評
  3. 虚実ないまぜ 4人の自伝

虚実ないまぜ 4人の自伝

「自傳」をあるく 著者:窪島 誠一郎 出版社:白水社 ジャンル:エッセイ・自伝・ノンフィクション

価格:3024円
ISBN: 9784560084724
発売⽇: 2015/11/28
サイズ: 20cm/294p

大岡昇平、室生犀星、相馬黒光、山口瞳の4人の自叙伝や自伝的小説を基に、自らの「性」と「生」とを振り返りながら、「自傳」を読む醍醐味や、伝記文学の魅力を解き明かす。【「TR…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2016年01月10日

「自傳」をあるく [著]窪島誠一郎

 自伝に本当のことが書かれているとは限らないが、虚であれ実であれ、本人の自発的暴露には違いない。4人の自伝を取り上げ、「『自傳』ほど、読み手にとって作家の余罪(?)を追及する娯(たの)しみのあたえられている読みものはない」と著者は書く。
 幼・少年時代に東京・渋谷周辺で転居を重ねた大岡昇平、強い意思で道を切り開いた相馬黒光ら、「追及」しがいのある人物ぞろいの中、実母を知らず、虚構の中で甘えた室生犀星『性に眼覚める頃』や、美しい母の出自に疑問を抱く山口瞳『血族』への読みには、実の親を捜し求めた著者の体験がにじみ、「余罪」の見つけ方も独特。自伝の書き手たちの人間味が、一層深く感じられるようだ。
    ◇
 白水社・3024円