1. HOME
  2. 書評
  3. 「太平洋戦争史観」をくつがえす

「太平洋戦争史観」をくつがえす

1945予定された敗戦 ソ連進攻と冷戦の到来 著者:小代 有希子 出版社:人文書院 ジャンル:歴史・地理・民俗

価格:3780円
ISBN: 9784409520628
発売⽇: 2015/12/18
サイズ: 20cm/370p

日本は敗戦を見込み、予測していた。ソ連の対日参戦を、中国共産党の勝利を、朝鮮支配をめぐる米ソの対立を。戦前から緊密だった日本とソ連の関係も踏まえ、日米戦争に留まらない〈ユ…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2016年02月07日

1945 予定された敗戦 [著]小代有希子

 著者は、「日本が戦った戦争とは、勝てるはずのないアメリカを相手にした太平洋戦争のことで、当然の結果としてアメリカに負けた」という「太平洋戦争史観」に対して、この「枠内に入りきらない出来事は山のようにある」として見直しを迫る。たしかに、原爆によって戦争が終わったという認識が定着していく一方で、中立条約を破って参戦したソ連とその影響については、いつのまにか私たちの記憶から欠落していったという視点は注目に値する。ただ、日本の指導者がソ連参戦を予測して描いていたとする、日本敗北後のビジョンについては、さらなる検証が必要だろう。チャレンジングな仮説に今後の研究の深まりと史実の究明が期待される。
    ◇
 人文書院・3780円