1. HOME
  2. 書評
  3. 考える時間の幅が一気に広がる

考える時間の幅が一気に広がる

私の「戦後民主主義」 著者:岩波書店編集部 出版社:岩波書店 ジャンル:社会・時事・政治・行政

価格:1728円
ISBN: 9784000611060
発売⽇: 2016/01/28
サイズ: 19cm/185p

多くの尊い人命と引きかえに、戦争は二度とやらないと誓った憲法とともに獲得された、国民主権、自由と人権の尊重、平和主義、平等…。それらをめぐる、戦後を歩んできた各界38人か…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2016年02月21日

私の「戦後民主主義」 [編]岩波書店編集部

 引っ越しを重ね、一軒家に住めるようになったのは、朝鮮戦争「特需」のためだった、とのちに知る久米宏氏。父の横暴に耐える母を見て、「弱い者を守る」ことが民主主義の基本と思うようになった赤川次郎氏。ほかに上野千鶴子、大田昌秀、尾木直樹、柄谷行人氏ら、1950年以前に生まれた38人が、「戦後民主主義」に息を吹き込むメッセージ集だ。日本政治外交史の三谷太一郎氏は、日本の民主主義は「すべて戦後民主主義」という。戊辰戦争後の公議輿論(よろん)、西南戦争後の自由民権運動、日露戦争と第1次大戦後の大正デモクラシー……。考える時間の幅が一気に広がる。そして今の課題は、これを「最後の『戦後民主主義』とすること」だという。
    ◇
 岩波書店・1728円