1. HOME
  2. 書評
  3. 孤独のふちへ追いやられる主婦

孤独のふちへ追いやられる主婦

坂の途中の家 著者:角田 光代 出版社:朝日新聞出版 ジャンル:小説・文学

価格:1728円
ISBN: 9784022513458
発売⽇: 2016/01/07
サイズ: 20cm/420p

刑事裁判の補充裁判員になった里沙子は、子どもを殺した母親をめぐる証言にふれるうち、彼女の境遇にみずからを重ねていく。虐待死事件と〈家族〉であることの光と闇に迫る心理サスペ…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2016年02月28日

坂の途中の家 [著]角田光代

 目の前の被告は、私そのもの——。
 幸福いっぱいの主婦が、補充裁判員として関わることになった、見ず知らずの主婦の裁判。物分かりのいい夫がいるにもかかわらず、幼子をあやめた被告に、知らず知らずのうちに自らを重ねてしまう。他の裁判員からはまるで理解されないが、事件に至る被告の心の動きが、この主婦には手に取るように理解できてしまう。そのことに気づいた瞬間、恐ろしさに身震いする。
 夫との、姑(しゅうとめ)との、普段なら何とも思わないような「よくある会話」が、主婦を孤独のふちへと追いやっていく。人情の機微を丹念に繊細に描く筆致に圧倒される。無垢(むく)な赤ん坊に向けられる残酷な衝動が静かにふくらみ始める。
    ◇
 朝日新聞出版・1728円