1. HOME
  2. 書評
  3. 長屋をとりまく人間模様

長屋をとりまく人間模様

よこまち余話 著者:木内 昇 出版社:中央公論新社 ジャンル:小説・文学

価格:1620円
ISBN: 9784120048142
発売⽇: 2016/01/25
サイズ: 20cm/282p

お針子の齣江、〈影〉と話す少年、皮肉屋の老婆らが暮らす長屋。あやかしの鈴が響くとき、押し入れに芸者が現れ、天狗がお告げをもたらす−。小説。『リンカラン』掲載に加筆修正して…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2016年03月06日

よこまち余話 [著]木内昇

 細くのびる路地に沿っている長屋の一番奥。齣江はお針子を生業にひっそりと暮らしている。尋常小学校に通う浩三が齣江を慕って遊びに来る。中学校に上がりたいが家業の魚屋では学費が出せず、あきらめかけている。長屋をとりまく人間模様が少しずつ浮かび上がり、能の舞台を媒介にするようにして「時の境界」が溶けだすと、「この世」は輪郭を失う。どこでその境を越えたのか。気がついたら読者も、浩三とともに連れて行かれる。この世では、もう会うことがかなわない人に、出会うことができるどこかへ。人の思いは、「時の境界」をも溶かすほど強いのか。そのせつなさが静かに迫ってくる。まるで魔法にかけられたように。
    ◇
中央公論新社・1620円