1. HOME
  2. 書評
  3. 古典ってワイドショーだった

古典ってワイドショーだった

本当はひどかった昔の日本 古典文学で知るしたたかな日本人 著者:大塚 ひかり 出版社:新潮社 ジャンル:小説・文学

価格:1404円
ISBN: 9784103350910
発売⽇: 2014/01/17
サイズ: 20cm/233p

「昔はよかった」なんて大噓!? 喰われる捨て子、捨てられる病人、蔓延する心の病、もろい家族…。古典文学を通して、残酷だけど強かった日本人の姿を紹介する。【「TRC MAR…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2014年02月02日

本当はひどかった昔の日本 [著]大塚ひかり

 古典エッセイストの著者は中学生のときに『宇治拾遺物語』を原文で読み、「平安人になりたい」と思いつめた。現代女性の感覚で『源氏物語』を全訳し、『ブス論』などユニークな著作がある。40年近く古典を読んできて、今は「現代に生まれて良かったな〜」としみじみ思う。現代社会に特有と考えられている病理や事件の多くが、実は古典の書かれた時代にもあったから。
 たとえば育児放棄。9世紀の『日本霊異記』に、女盛りの母が多くの男と関係をもち、赤子に乳をやらずに飢えさせたため、早死にして、来世では乳房が腫れて痛む罰を受けたという因果応報譚(たん)がある。本の帯にいわく、「古典ってワイドショーだったんですね!」。
    ◇
 新潮社・1365円