1. HOME
  2. 書評
  3. 恐怖と憧憬、異界への入り口

恐怖と憧憬、異界への入り口

金色の獣、彼方に向かう (双葉文庫) 著者:恒川 光太郎 出版社:双葉社 ジャンル:一般

価格:660円
ISBN: 9784575517309
発売⽇: 2014/11/11
サイズ: 15cm/298p

鎌倉の山中に庵を結ぶ僧に、謎めいた旅の男が語り聞かせる驚くべき来歴―数奇な運命により、日本人でありながら蒙古軍の間諜として博多に潜入した仁風。本隊の撤退により仲間とともに…

評者:逢坂剛 / 朝⽇新聞掲載:2012年01月08日

金色の獣、彼方に向かう [著]恒川光太郎

 本書の著者は、昨今では珍しいほど、作風に特徴のある作家、といってよい。
 日本ホラー小説大賞の受賞者、というキャリアから想像されるほど、おどろおどろしくはない。かといって、ファンタジーと呼ぶには、手応えのありすぎる作風である。
 収録4作品のうち、冒頭の「異神千夜」だけが、中世を舞台にした怪異譚(たん)で、あとは現代を背景にしている。「異神千夜」は、蒙古(もうこ)襲来に材をとった歴史もので、大陸生まれの美人巫術師(ふじゅつし)と、日本人の若者の愛憎を描く。「風天孔参り」「森の神、夢に還(かえ)る」と表題作は、いずれも異界への入り口にまつわる、恐怖と憧憬(しょうけい)をテーマにしている。
 書かれた時期も違い、それぞれ独立した作品になっているが、〈鼬(いたち)〉や〈樹海〉といった共通の記号が出てくるので、連作とみなしてもいいだろう。
 血なまぐさい話も出てくるが、著者の筆致は抑制がきいていて、いやみがない。独特のムードを持つ作品集だ。
    ◇
 双葉社・1470円