1. HOME
  2. 書評
  3. 「性的共感」から見直す伝統行事

「性的共感」から見直す伝統行事

盆踊り 乱交の民俗学 著者:下川 耿史 出版社:作品社 ジャンル:歴史・地理・民俗

価格:2160円
ISBN: 9784861823381
発売⽇:
サイズ: 20cm/239p

古代日本では、男女がおおらかに性の自由を謳歌し、乱交していた。そしてそれは「盆踊り」という形で明治以降も密かに続けられた。歴史文献・資料をもとに、古代より連綿と続く“民俗…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2011年09月25日

盆踊り―乱交の民俗学 [著]下川耿史

 伝統行事を「性的共感」から見直そうとした異色作。著者は風俗史家で、とりわけ性にまつわる本を数多く書いてきた。従来の民俗学は性のテーマを真っ向から取り上げておらず「祖霊信仰や農耕儀礼などの問題にすりかえ」てきた、とふんまんやるかたない。今では民俗芸能として多くの見物客を集める有名盆踊りも、元は交歓の相手を共同体の中で、ひそやかに選びあうことが主眼だったとみる。さらに盆踊りにつながる種々の踊りを生んだ「風流(ふりゅう)」文化は「夜ばい」や「ざこ寝」と同根、というのが著者の主張で、そのルーツを折口信夫が「謬(あやま)り」としてしりぞけた、古代の性的な行楽行事「歌垣」に、あえて求めている。
    ◇
 作品社・2100円