1. HOME
  2. 書評
  3. 古生物が現代に生きていたら

古生物が現代に生きていたら

リアルサイズ古生物図鑑 古生物のサイズが実感できる! 古生代編 著者:土屋 健 出版社:技術評論社 ジャンル:地球科学・気象

価格:3456円
ISBN: 9784774199139
発売⽇: 2018/07/21
サイズ: 19×27cm/207p

水揚げされた海洋動物アノマロカリス、犬と昼寝する哺乳類の親戚ディイクトドン…。古生物をリアルなイラストで再現し、現代景色に配置した図鑑。先カンブリア時代末のエディアカラ紀…

評者:宮田珠己 / 朝⽇新聞掲載:2018年09月08日

古生物のサイズが実感できる! リアルサイズ古生物図鑑 古生代編 [著]土屋健

 面白い!
 古生代の生きものがもし現代に生きていたらどのぐらいの大きさか、ひと目でわかる図鑑。写真とうまく合成されたイラストがとってもリアル。こんな大きさだったのかと納得すると同時に、親近感が湧いてきて、古生物たちがまるでペットのように見えてくるから不思議だ。
 なかにはフライングディスクのかわりに投げて遊ぶ巨大ヒトデとか、芸妓さんとお座敷に出るワニのようなオタマジャクシのような生物とか、いったいどういうシチュエーションだよ、とツッコミたくなる絵もあるけれど、それがまた愉快。
 驚いたのは、古生物界ではおそらく一番人気のアノマロカリスが、意外に小さかったこと。水族館で巨大な模型を見たせいか、もっと大きいと思っていた。
 難しいことを考えず、見ているだけで、古生物の世界が立ちあがってくる。工夫次第で愉快な本はまだまだ作れるのだ。そう思わされた目からウロコの一冊。