1. HOME
  2. 書評
  3. 家族やチームにひそむ権力構造

家族やチームにひそむ権力構造

無限の玄/風下の朱 著者:古谷田奈月 出版社:筑摩書房 ジャンル:小説

価格:1512円
ISBN: 9784480804808
発売⽇: 2018/07/12
サイズ: 19cm/191p

【三島由紀夫賞(第31回)】死んでは蘇る父に戸惑う男たちを描いた、『早稲田文学増刊女性号』掲載「無限の玄」と、『早稲田文学』に掲載された、魂の健康を賭けて野球する女たちの…

評者:斎藤美奈子 / 朝⽇新聞掲載:2018年09月22日

無限の玄/風下の朱 [著]古谷田奈月

 「無限の玄」は三島賞受賞作、「風下の朱」は芥川賞候補作。もっか注目度ナンバーワンの作家の最新刊だ。2作はセットで読むべく仕組まれている。片方は男性だけの、もう片方は女性だけのお話だからだ。
 父が死んだ。というところから「無限の玄」ははじまる。父の名は玄。宮嶋家の家長、というよりファミリーで結成されたブルーグラスバンド「百弦」のリーダーだった。検視のために遺体は警察に運ばれた。
 抑圧的なリーダーから解放された玄の弟や息子たちは思わず歌いだす。〈さあ船出だ ヨーソロー〉
 しかし翌朝、父はソファで眠っているではないか。朝食までちゃっかりいっしょに食べちゃって。家族はあせる。〈自分が死んだのを覚えてるか?〉
 なんとも人を喰った話よね。復活した父は夜にはまた死に、刑事がまた遺体を引き取りにくる。が、朝になるとまた父がいて……。どうすんの、これ。
 かつて「父殺し」は文学の重要なテーマだった。なのに父よ、あなたはなぜ死なない! 長いツアーに出なければならない家族はしびれをきらす。〈答えてくれ。死ぬ気はあるか?〉
 一転、「風下の朱」の舞台は大学の女子野球部だ。二番ファースト、三番サード、四番キャッチャーの3人しか部員のいない野球部である。目標は部員を集めて公式戦に出ること。ソフトボール経験者だった新入生の「私」はスカウトされて入部し「一番セカンド」となるが、妙な観念にしばられた部長の侑希美は、同じ大学のソフトボール部員らが目障りらしい。
 女性を排除する男性だけのファミリーバンドと女子だけの野球部。一見何の関係もない二つのチームは、性別意識にとらわれた権力者に翻弄される点において同質である。家族やチームにひそむパワハラの構造を音楽やスポーツをからめて描いた超意欲作。とんがってるのにトボけた味。古谷田奈月の本領発揮だ。
    ◇
 こやた・なつき 1981年生まれ。「今年の贈り物」でファンタジーノベル大賞。『リリース』で織田作之助賞。