1. HOME
  2. ニュース
  3. 〈動画有〉「麻雀放浪記」大胆アレンジで35年ぶり映画化 主演・斎藤工さん「問題作と自負しています」

〈動画有〉「麻雀放浪記」大胆アレンジで35年ぶり映画化 主演・斎藤工さん「問題作と自負しています」

斎藤工が演じる主人公・坊や哲 ©2019「麻雀放浪記2020」製作委員会

 映画「麻雀放浪記2020」(4月5日公開)の試写会が1月31日、東京・永田町の衆議院第一議員会館で開かれた。主演の斎藤工が「問題作」と自負する本作を、国会議員や秘書ら約20人が鑑賞した。

 阿佐田哲也の小説『麻雀放浪記』を大胆にアレンジし、35年ぶりに映画化した本作。戦後の1945年から、東京オリンピックが中止となり、AIによる労働環境破壊が進む2020年の世界にタイムスリップした主人公・坊や哲(斎藤)の姿が描かれる。

 試写会は昨年12月に自民党の有志議員によって設立された「頭脳スポーツとしての健全で安全な麻雀を推進する議員連盟」(略称・スポーツ麻雀議連)が主催した。出席した白石和彌監督は「何が起こっているんだろうという気持ち。日本を運営している先生にどう映るか興味深いし、お叱りもあると思いますが、率直に聞いてみたい」。

試写会に出席した白石和彌監督(左)と主演の斎藤工
試写会に出席した白石和彌監督(左)と主演の斎藤工

 荒唐無稽に見える本作の設定について、「スパイス具合でいうと一番辛口なので、辛いのに慣れてない人はおなかをくだすだろうな」と白石監督。原作は1984年に和田誠監督によって映画化されているが、本作で坊や哲を演じる斎藤は「いわゆる問題作だと自負しています。和田誠版が名作傑作なので、そのままリメイクするということほど無謀なことはなく、まったく新しい麻雀放浪記になったと思っています」とアピールした。

 賭け麻雀、イカサマと劇中の麻雀はスポーツ麻雀議連が推進するものとはかけ離れている。試写会後、議連の秋元司衆院議員は「麻雀の歴史をエンターテインメントとして描写していただいた。ただ、映画の趣旨とは違う方向になるだろうが、それから脱皮して、スポーツ麻雀として広く普及していきたい」と感想を述べた。斎藤は「優しく言葉を選んで褒めてくださったと思っています」と笑顔でこたえた。(文:佐藤正人)