1. HOME
  2. 書評
  3. 「ハリエット・タブマン」「自由への道」 米国の負の歴史生き抜いた記録

「ハリエット・タブマン」「自由への道」 米国の負の歴史生き抜いた記録

ハリエット・タブマン 「モーゼ」と呼ばれた黒人女性 著者:上杉 忍 出版社:新曜社 ジャンル:伝記

価格:3456円
ISBN: 9784788516083
発売⽇: 2019/03/15
サイズ: 19cm/288p

黒人女性として初めて米ドル紙幣を飾ることが決まったハリエット・タブマン。“私は一度しか死ぬことができない”をモットーに、聖書のモーゼのように「地下鉄道」運動で奴隷逃亡を主…

自由への道 逃亡奴隷ハリエット・タブマンの生涯 著者:キャサリン・クリントン 出版社:晃洋書房 ジャンル:伝記

価格:7560円
ISBN: 9784771031463
発売⽇: 2019/03/10
サイズ: 22cm/420,46p

1849年、奴隷主のもとから逃亡したハリエット・タブマンは、逃亡支援の秘密組織の先導者となり、南北戦争後は、同胞のための保護施設の設立に奔走し…。人種・性の差別・隔離撤廃…

評者:西崎文子 / 朝⽇新聞掲載:2019年04月20日

ハリエット・タブマン 「モーゼ」と呼ばれた黒人女性 [著]上杉忍/自由への道 逃亡奴隷ハリエット・タブマンの生涯 [著]キャサリン・クリントン

 1850年に成立した逃亡奴隷法は、奴隷制をめぐる合衆国の対立を先鋭化させた。自由を求めて北部に逃亡した奴隷を捕獲し、奴隷主に戻す連邦保安官の権限を強化したこの法律は、合衆国の分裂を阻止するための妥協が黒人奴隷の自由と引き換えだったことを明らかにする。
 そのような時代、「地下鉄道」と言われる逃走ルートを使って70人以上の奴隷をカナダへ導いた女性がいた。この二冊が描くハリエット・タブマンである。メリーランド州に奴隷として生まれた彼女は、1849年、深南部への転売を恐れて両親や夫を残し、一人北部に逃亡した。その後、懸賞金をかけられながらも「地下鉄道」の「車掌」として、家族を含め、次々と奴隷の逃亡を手助けする。
 南北戦争が勃発すると、タブマンは北軍と共に行動し、南部での土地勘や「地下鉄道」で培った人的つながりを生かして傷病兵の看護や軍事作戦の手引きをした。カンビー川沿いの南軍の要塞を破壊し、750人もの奴隷を解放した作戦は彼女あってのものだった。戦後はニューヨーク州で貧しい黒人のホーム建設に尽力し、支援者に囲まれながらも極貧の生涯を閉じる。
 この二冊を含め、タブマンに関する研究が近年目立つのには理由がある。合衆国では偉人として絵本にも登場する彼女については、実像より神話が先行しがちだった。したがって、彼女が生涯戦った奴隷制や人種差別の実態を背景に、より史実に近いタブマン像が求められるのは当然だろう。そこでは、今でこそ「国民的」英雄とされるタブマンが、私有財産である奴隷を盗む「犯罪者」とされた事実も描かれることになる。
 タブマンが犯罪者と見られる時代に逆戻りすることはないかもしれない。しかし、彼女は警戒を怠らないようわれわれに呼びかける。白人至上主義が頭をもたげる中、合衆国の負の歴史を直視する大切さを教える二冊である。
    ◇
 うえすぎ・しのぶ 横浜市立大名誉教授▽Chatherine Clinton テキサス大サンアントニオ校教授。