1. HOME
  2. 書評
  3. 「ヨーロッパ憲法論」 「人間の尊厳」を基盤に展望を拓く 朝日新聞書評から

「ヨーロッパ憲法論」 「人間の尊厳」を基盤に展望を拓く 朝日新聞書評から

評者: 石川健治 / 朝⽇新聞掲載:2019年09月21日
ヨーロッパ憲法論 (叢書・ウニベルシタス) 著者:三島憲一 出版社:法政大学出版局 ジャンル:社会思想・政治思想

ISBN: 9784588010972
発売⽇: 2019/07/11
サイズ: 20cm/232p

EUのような複雑な組織にあっても「民主主義の欠如」を正し、トランスナショナルな公共圏における意見形成に依拠した意思決定が可能であることを提示。国際条約を超えた、ヨーロッパ…

ヨーロッパ憲法論 [著]ユルゲン・ハーバーマス

 2011年初版の本書を8年後の日本で読む読者は、オバマ大統領時代の、昨日の世界からやってきた書物という印象を抱くかもしれない。けれども、「トリクル・ダウン説」で富裕層優遇を正当化した、1990年の「ワシントン・コンセンサス」の行き詰まりを見届けた著者の洞察は、「政治家やその経済顧問たちの大失敗」から目をそらす「象徴政治」の横行、という今日的状況を既に見切っている。「ポスト真実・デモクラシー」の到来もみごとに予見されており、読み応えがある。トランプ大統領の登場やブレグジット、排外主義の蔓延といったその後の展開は、読者が補って読むべきであろう。
 そうした現実にどれほど失望しても、冷戦後の世界における方策は、「資本主義のダイナミズムを内側から馴致(じゅんち)し、文明化する」こと以外にあり得ない。それゆえ著者の関心は、「文明化」に至る「媒体」「メディア」としての、「法」へと向かう。ドイツ社会哲学の最高峰がいかなる法哲学を打ち出すか、80年代末の法学者は固唾(かたず)を呑んで見守ったものだった。この間、急速度のグローバル化が、国際法を立憲化した(本書では「憲法化」)という見方と、むしろ国際法の断片化を促進したという見方とが対立したが、著者は独自の民主政論に基づく立憲化テーゼの基礎づけに取り組んだ。
 応用編たる本書では、「EU市民」の身分とEU構成国の「国民」の身分とが重畳するEU民主政の現状を、国家連合や連邦国家としてではなく、あえて一種の身上連合として再構成してみせた(本書の翻訳はこの点曖昧である)。EUの主権者=憲法制定権者とEU構成国の主権者とを同一人が兼ねる構造を、別々の王国の王冠を同一人がかぶることで成立する、同君連合になぞらえたのである。
 国家エゴでEUを揺さぶる各構成国は、「国民」の主権を過度に強調するだろう。しかし、そこにいう「国家」や「国民」とは、民意形成手続きを定める各国憲法という「メディア」を、実体化したものに過ぎない。幽霊の正体が枯れ尾花だとわかれば、生身の市民の「人間の尊厳」こそが、EUにおける「連帯」を支える基盤であることは自明だ。かくして、「EU市民」に軸足を置き直した「ヨーロッパ」のその先には、カントの構想した世界市民法、つまりは憲法化された国際法への展望が拓けてくる。
 本書には、「市民」と「国民」の双方の立場に配慮しつつ、EUその他の国際組織における民主的正当性の欠如を補うための、具体的な提案も多く盛り込まれている。「良き立論の持つ説得力」が文明化のダイナミズムの鍵である。
    ◇
Jurgen Habermas 1929年、ドイツ生まれ。社会哲学者。フランクフルト大教授などを歴任。ドイツ思想界をリードし、国際的にも影響を与えてきた。著書に『公共性の構造転換』『事実性と妥当性』など。