1. HOME
  2. 書評
  3. 遠野遥「破局」書評 自分をも突き放す虚無の奥には

遠野遥「破局」書評 自分をも突き放す虚無の奥には

評者: 武田砂鉄 / 朝⽇新聞掲載:2020年08月01日
破局 著者:遠野遥 出版社:河出書房新社 ジャンル:小説

ISBN: 9784309029054
発売⽇: 2020/07/07
サイズ: 148ページ

破局 [著]遠野遥

 他人がよろしくない出来事を起こすと、あんなことをする人だとは思わなかったなどと言う人がいるが、他人がどんな人かを把握しているという認識に驚く。人格なるものは常に不安定で、瞬間ごとに変化していくはず。つまり、自分でさえ、自分のことを把握することなんてできやしない。
 第一六三回芥川賞を受賞した本書は、母校の高校ラグビー部でコーチをしつつ、公務員試験の準備に励む大学四年生・陽介の一人語りで進む。政治家を目指す彼女の麻衣子と、お笑いライブで出会った灯(あかり)との間で気持ちが揺れるが、その波動は曖昧で捉えにくい。
 吐き出した言葉を、次の瞬間に疑い始めるような思索が反復するが、それが物語の凹凸を作り出すことはなく、むしろ平坦に続く。
 「私はもともと、セックスをするのが好きだ。なぜなら、セックスをすると気持ちがいいからだ」
 性欲だけでなく、欲に動かされる自分を客観視し、今の時代ってこんな感じでしょ、と言わんばかりに社会の規範を自らにぶつけ、言動を具体的に制御する。正しい人間と査定されることを望んでいるわけではないが、その手の査定に率先して理解を示していく。
 「私は、チーズバーガーを食べるはずだった。ところが、急に魚のバーガーが私の心を捉えた」
 この一文だけを引くと、あたかも英語の教科書の例文を訳したかのようだが、こういったスムーズな思考の連結に、細かなヒビが入っている。砂利のような思考の粒が挟まり咀嚼(そしゃく)を拒むが、いつしか、その砂利ごと味わえるようになる。
 陽介は、やたらと肉を食らう。突き放すように食う。他人に対しても、そして自分に対してもそんな態度だ。引き寄せては放り出す。価値を固定しようとする動きから、逃れようとする。どことなく虚無感に貫かれており、その虚無の中で何かしらが蠢(うごめ)いていることはわかるのだが、その正体をいつまでも発見させない。
    ◇
とおの・はるか 1991年生まれ。女装を始めた青年が主人公の『改良』で2019年に文芸賞。本作品で芥川賞。

PROMOTION