1. HOME
  2. 書評
  3. 「特攻文学論」書評 「命のタスキ」つなぐ次代の覚悟

「特攻文学論」書評 「命のタスキ」つなぐ次代の覚悟

評者: 保阪正康 / 朝⽇新聞掲載:2021年10月16日
特攻文学論 著者:井上 義和 出版社:創元社 ジャンル:文学論

ISBN: 9784422300818
発売⽇: 2021/08/06
サイズ: 19cm/231p

「永遠の0」「英霊の聲」といった特攻文学を幅広く参照しながら、既存の歴史認識の枠組みを無視した感動や継承の先にある近未来を予測。それらとうまく付き合う道筋を探る。「未来の…

「特攻文学論」 [著]井上義和

 本書のタイトルに触れ、いくつかの期待があったが、必ずしも満たされたわけではない。視点、分析は首肯できるにせよ、戦時下の特別攻撃隊の隊員の手記の持つ二重性(国家と個人)を文学作品が読み抜いているかが前提になるはずである。奇妙な言い方になるが、特攻についての質の高い文学作品が少ないのはなぜか、を見ていくと、「死んだ仲間とともに生きる戦中世代を、社会的に包摂することに失敗したこと」も理由になるであろう。
 著者は冒頭で、特攻文学を薬と毒の両義性を持つ「パルマコン」として読むことによって、自己の生き方に新たな啓発が与えられると記す。こうした見方は濃淡はあれ、これまでも行われてきたように思う。ただ本書の秀でているところは、特攻文学の意味や意義をひとまず整理しているために、特攻を見つめる目の位置が歴史的な新鮮さを伴っている点である。確かに次代の目がある。
 本書の文中では、ゴシックで力説されている文言があり、いずれもなるほどとうなずける。著者は「〈妖しい力〉を言葉で包摂する」ことを試みているといい、特攻論を誰もが共有できる言葉に置き換えていきたい、と述べる。こうした特攻文学を論じる姿勢の問い方は、次代だから発せられるメッセージというべきであろう。その点ではまさに著者自身も「命のタスキ」を受け取り、再整理する覚悟が読み取れる。
 特攻作戦の不条理を安全地帯から論じることは、「必ず、特攻の正当化論へと堕落してしまう」との鋭い指摘がある。特攻文学にはこの難所をクリアする仕掛けがあると分析する。それは、託す者と託される者の物語を作ることだという。著者の論点は鋭い分、読む側の深い思考も必要だと気付かされる。
 本書はこれまで手薄だった分野に果敢に挑んだとも言えるのだが、読者の世代によって感想が全く異なるであろう。
    ◇
いのうえ・よしかず 1973年生まれ。帝京大教授(教育社会学)。著書に『未来の戦死に向き合うためのノート』。