1. HOME
  2. 書評
  3. 「関東大震災 描かれた朝鮮人虐殺を読み解く」書評 絵から明かされる官民一体での行為

「関東大震災 描かれた朝鮮人虐殺を読み解く」書評 絵から明かされる官民一体での行為

評者: 藤野裕子 / 朝⽇新聞掲載:2022年11月05日
関東大震災描かれた朝鮮人虐殺を読み解く 著者:新井 勝紘 出版社:新日本出版社 ジャンル:歴史・地理・民俗

ISBN: 9784406066815
発売⽇: 2022/08/10
サイズ: 19cm/158p

関東大震災時、まったく根拠のない流言飛語の情報により命を絶たれた6000人を超える朝鮮人犠牲者たち。画家たちが残した朝鮮人虐殺絵を通して、その真相に斬り込む。【「TRC …

「関東大震災 描かれた朝鮮人虐殺を読み解く」 [著]荒井勝紘

 出来事のもたらした衝撃の大きさゆえのことだろう。1923年の関東大震災直後には、朝鮮人虐殺の絵が描かれた。本書は、柳瀬正夢(やなせ・まさむ)・堅山南風(かたやま・なんぷう)・萱原白洞(かやはら・はくどう)の作品や、小学生が学校で描いた絵を読み解き、虐殺の実態を考える。
 著者は国立歴史民俗博物館や高麗博物館での展示準備を機に、「朝鮮人虐殺絵」の収集を始めた。昨年、著者がインターネット・オークションで競り落とした新史料の絵巻物も紹介されている。
 これらの絵は何を語っているのか。朝鮮人かどうかを尋問される人びと、大勢に殺される朝鮮人。自警団だけでなく、警察・軍の姿も描かれている。さながら「実況中継」のようだと著者はいう。虐殺が衆人環視のもと官民一体となって行われたことを、著者は絵から読み取る。
 来年、震災100年の節目を迎える。朝鮮人虐殺の歴史を次世代にいかに継承すべきか。本書を手がかりに改めて考えたい。