1. HOME
  2. 書評
  3. 言葉で映像に勝負挑む

言葉で映像に勝負挑む

グローバライズ 著者:木下古栗 出版社:河出書房新社 ジャンル:小説・文学

価格:1728円
ISBN: 9784309024523
発売⽇: 2016/03/24
サイズ: 20cm/201p

端正な日本語、文学的技巧を尽くし、もはや崇高な程の下ネタや不条理、圧倒的無意味を描く孤高の天才、初の短篇集。「天然温泉 やすらぎの里」「理系の女」など全12編を収録。『文…

評者:大竹昭子 / 朝⽇新聞掲載:2016年05月08日

グローバライズ [著]木下古栗

 この十二本の短編を読むことは、映画を十二本撮るのに似ている。
 行為や情景のみが描写され、その意味は明かされない。かと言って、何も起きないわけではなく、思いもかけない突飛(とっぴ)な結末に迎えられるが、そこに至るまでの描写は、物の名前からパーツの呼称まで具体的かつ細かく、読者自身が言葉の力でシーンやイメージを立ち上げることを強く求める。
 しかも、それらの出来事の因果関係は完全に無視されている。トイレにこもってある困難と葛藤する男が主人公の「フランス人」は、典型的。途中まではフランス人のフの字も出ないのに、最後の最後で意外な登場の仕方をするのだ。
 一度読んだら忘れられない鮮烈な場面転換だが、これを支えるのは意味ではなく、倫理を超えた欲望の爆発、死と表裏一体になったエロスの噴出、つまりは生命エネルギーだ。映像の特権は意味(倫理)から自由なことだが、言葉でそれに勝負を挑もうとするかのようだ。