1. HOME
  2. 書評
  3. 「戦争被害」の裾野の広さに愕然

「戦争被害」の裾野の広さに愕然

沖縄戦と孤児院 戦場の子どもたち 著者:浅井 春夫 出版社:吉川弘文館 ジャンル:社会・時事・政治・行政

価格:2376円
ISBN: 9784642082921
発売⽇: 2016/03/17
サイズ: 21cm/182p

沖縄戦で家族を失い、孤児となった子どもたちが収容された米軍統治下の孤児院とはどのような施設だったのか。苦しい食料事情、感染症の蔓延、衰弱死など、孤児たちが直面した現実を明…

評者:保阪正康 / 朝⽇新聞掲載:2016年06月05日

沖縄戦と孤児院―戦場の子どもたち [著]浅井春夫

 戦争孤児の実態について、とくに沖縄戦における内実はほとんど検証されていない。著者はその空白の領域に挑んだ。
 もともと沖縄には孤児院や養老院は存在していなかった。共同体での扶助の精神があったからだろう。それが戦争によって崩壊していく。沖縄本島への米軍上陸(4月1日)と同時につくられた収容所、そこには孤児だけの施設もできる。本書によると13カ所が確認されている。瓦ぶきの立派な建物を利用したコザ孤児院では、沖縄戦終結後に600人余の孤児が収容されていたとの説もある。
 こうした施設では、米軍将兵の協力、日本人院長、教育者や慰安婦たちの孤児を見つめる目が支えだった。しかし両親を失った孤児たちが残飯をあさり、収容所に入っても多くの差別を受けた話など「戦争被害」の裾野の広さに愕然(がくぜん)とする。沖縄の孤児院研究のために「歴史の事実を銘記し共有」すべきだとの提言に納得する。