1. HOME
  2. 書評
  3. 鉄路とともにあった戦争体験

鉄路とともにあった戦争体験

汽車ポッポ判事の鉄道と戦争 著者:ゆたか はじめ 出版社:弦書房 ジャンル:エッセイ・自伝・ノンフィクション

価格:1944円
ISBN: 9784863291171
発売⽇:
サイズ: 19cm/209p

判事の眼がとらえた“昭和”の世相がよみがえる。鉄道とともに生きた自らの体験をもとに、戦前から戦中・戦後を回想、さらに未来まで展望する。鉄道からみた貴重な昭和史。【「BOO…

評者: / 朝⽇新聞掲載:2015年07月07日

汽車ポッポ判事の鉄道と戦争 [著]ゆたかはじめ

 1928(昭和3)年、東京生まれの著者の家は、東京駅が炎上した45年5月25日の大空襲で焼けたという。戦争中、父の赴任先の長崎からの帰り、乗った汽車が機銃掃射を受け、間一髪。原爆投下直後の長崎で、難を逃れた列車が負傷者の救援に動く。終戦のラジオ放送を聞いて、いつも通り動く山手線に乗る……鉄路とともにあった戦争体験が記憶に鮮やかだ。
 戦後、判事になり、国鉄全線を踏破。機会があれば営業線でないレールにも。「鉄道は、平和でなくては走り続けられない」と実感したのは、移住した沖縄で、軽便鉄道の遺跡が戦跡と重なるのを見てからだ。いまは沖縄に路面電車トラムを、と提案している。
    ◇
 弦書房・1944円