1. HOME
  2. 書評
  3. 「政治の嵐」直後の女子学生

「政治の嵐」直後の女子学生

抱く女 著者:桐野 夏生 出版社:新潮社 ジャンル:小説・文学

価格:1620円
ISBN: 9784104667048
発売⽇: 2015/06/30
サイズ: 20cm/284p

「抱かれる女から抱く女へ」とスローガンが叫ばれ、連合赤軍事件が起き、不穏な風が吹き荒れる七〇年代。二十歳の女子大生・直子は、社会に傷つき反発しながらも、ウーマンリブや学生…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2015年08月09日

抱く女 [著]桐野夏生

 1972年2月、浅間山荘事件以降、学生運動は泥沼化し、吹き荒れた「政治の嵐」の残滓(ざんし)は「ノンポリ」と呼ばれる学生にも傷痕を残している。その年の9月から12月を、20歳の女子学生直子はどう生きたか。意味もなく雀荘(じゃんそう)に通い、タバコを吹かし、ジャズ喫茶でバイトする。危うい恋愛に人生をかけ、家を捨てる。いや、もっと大事な何かをも、捨てたのではないか。
 まるでノンフィクションのようなリアルさで迫ってくるが、同時に、「これはもう歴史なのだ」との感慨も襲ってくる。
 「自分は、何でこんなどうしようもない時代に生きているんだろう」と直子は思う。その時代が丸ごとよみがえってくる。
    ◇
 新潮社・1620円