1. HOME
  2. 書評
  3. 性欲は文化波及のカギ

性欲は文化波及のカギ

性欲の研究 エロティック・アジア 著者:井上 章一 出版社:平凡社 ジャンル:歴史・地理・民俗

価格:1944円
ISBN: 9784582427165
発売⽇:
サイズ: 21cm/211p

エッチな思いは国境を越える−。ハルビンのロシア人ストリッパー、北京の女装の美少年、韓国の整形美人、日本の可憐なムスメ…。東アジア近代の知られざる性欲の歴史を、当時の図版や…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2013年06月30日

性欲の研究―エロティック・アジア [編]井上章一

 編者と鹿島茂による巻頭対談で、オタクの元祖として名挙げされたプルースト。『失われた時を求めて』に登場する、眠る少女を思うさま観察するイメージは川端康成の中で『眠れる美女』に結実し、コロンビアに飛び火して、ノーベル賞作家ガルシアマルケス『わが悲しき娼婦(しょうふ)たちの思い出』を生むに至る。性欲は時代も国境も貫いて突き進む。社会的には肩身が狭くなる一方の性欲だが、これを文化波及のカギとみる研究者たちによる論文とコラム集。清代中国の美少年「相公(シャンコン)」についての論考があり、性器やおっぱい、ストリップやオナニーの研究が並ぶ。ただし、エロチシズムをかき立てる本ではありません、たぶん。
    ◇
 平凡社・1890円