1. HOME
  2. 書評
  3. 「もう一つ上の日本史」書評 旧説・俗説の問題点 丁寧に指摘

「もう一つ上の日本史」書評 旧説・俗説の問題点 丁寧に指摘

評者: 呉座勇一 / 朝⽇新聞掲載:2020年06月06日
もう一つ上の日本史 『日本国紀』読書ノート 古代〜近世篇 著者:浮世 博史 出版社:幻戯書房 ジャンル:歴史・地理・民俗

ISBN: 9784864881913
発売⽇: 2020/02/25
サイズ: 19cm/432p

「社会科学としての歴史学」とは何か。教科書の記述はなぜ変わるのか。現在の書籍やウェブ上に蔓延する日本史俗説を豊富な資料で徹底解説。著者のブログ全227回分を加筆し書籍化。…

もう一つ上の日本史 『日本国紀』読書ノート 近代〜現代篇 著者:浮世 博史 出版社:幻戯書房 ジャンル:歴史・地理・民俗

ISBN: 9784864881920
発売⽇: 2020/03/27
サイズ: 19cm/505p

「社会科学としての歴史学」とは何か。教科書の記述はなぜ変わるのか。現在の書籍やウェブ上に蔓延する日本史俗説を豊富な資料で徹底解説。著者のブログ全227回分を加筆し書籍化。…

もう一つ上の日本史 『日本書記』読書ノート・古代~近世篇、同・近代~現代篇 [著]浮世博史

 一昨年刊行された百田尚樹氏の歴史随筆『日本国紀』は、大ヒットの半面、事実誤認、誤解を招く記述、極端な解釈などが、評者を含め各方面から指摘された。中でも注目されたのが、現役の歴史教師である著者が「こはにわ歴史堂のブログ」で連載した『日本国紀』批判で、その記事は200を超えた。本書はその書籍化である。
 『日本国紀』の膨大な間違いを一つひとつ俎上(そじょう)に載せると細かくなりすぎてしまい、揚げ足取りと非難されがちだ。ただ『日本国紀』は、一般読者が陥りやすい勘違いや、世間で流布する雑学風の「物語」を多く含んでおり、これらを訂正することは百田氏への攻撃ではなく、社会的意義を持つ教育活動である。
 本書は、「遣唐使の廃止によって大陸からの文化の流入が止まり、日本独自の文化が生まれた」「元禄時代の荻原重秀はケインズを200年以上も先取りしていた」といった旧説・俗説の問題点を丁寧に指摘している。『日本国紀』は近代日本の対外戦争やGHQの占領政策については概(おおむ)ねネット右翼の言説に沿っているが(一部、司馬史観の影響も見られる)、これらの記述にも実証的に反駁(はんばく)している。
 平安後期には武士たちが「シビリアン・コントロールならぬ貴族コントロール」の下に入っていた、ペリーの来航に江戸幕府はちゃんと備えていた、といった著者の指摘は特に重要だろう。『日本国紀』の「隠しテーマ」は百田氏自身が語るように憲法改正であり、平安貴族・江戸幕府・護憲派を「平和ボケ」「一国平和主義」と指弾する〝百田史観〟の根幹が揺らぐからだ。
 解説が簡略すぎる箇所(兵農分離ほか)、特定の説に偏った箇所(関ケ原ほか)など、気になるところもあったが、学び直しの契機に適している。著者が説く通り、土台となる事実が誤っていれば、一見もっともらしい「歴史観」も砂上の楼閣にすぎないのだ。
    ◇
うきよ・ひろし 奈良県河合町の私立西大和学園中学・高校社会科教諭。著書に『宗教で読み解く日本史』など。