1. HOME
  2. 書評
  3. 長崎という地の延長に

長崎という地の延長に

人間のしわざ 著者:青来 有一 出版社:集英社 ジャンル:小説・文学

価格:1620円
ISBN: 9784087716016
発売⽇: 2015/04/03
サイズ: 20cm/182p

男は戦場カメラマン。テロリストと関係を持ち始めた引きこもりの息子と暮らす。女との逢引先の海辺の部屋で男が語りだしたのは、長崎の町で掘り出された喉仏の骨、黒こげの殉教者の慟…

評者: / 朝⽇新聞掲載:2015年05月31日

人間のしわざ [著]青来有一

 男は世界の紛争地を歩き、「人間のしわざ」のむごさを写真に収め続けてきた。その脳裏に、郷里の長崎で目にした教皇ヨハネ・パウロ二世の姿が繰り返し現れる。
 直前に訪れた広島で「戦争は人間のしわざです」と語ったというその人を囲む群衆に、男はかつて長崎で命を落とした殉教者たちの姿を重ねる。戦地の惨状が人間のしわざなら、神は、信仰は何もしてくれないのか——。救いのない問いにさまよい、男は心の平衡を失っていく。
 長崎という土地の記憶に向き合ってきた著者が、今作では世界の紛争やテロを視線の延長線上にとらえた。重ねる問いの先に、人間のもろさと強さが浮かび上がる。
    ◇
 集英社・1620円