1. HOME
  2. 書評
  3. 「ぼくの名前を忘れないで」と叫んだ少年

「ぼくの名前を忘れないで」と叫んだ少年

13歳のホロコースト 少女が見たアウシュヴィッツ (亜紀書房翻訳ノンフィクション・シリーズ) 著者:エヴァ・スローニム 出版社:亜紀書房 ジャンル:エッセイ・自伝・ノンフィクション

価格:2484円
ISBN: 9784750514352
発売⽇: 2015/11/01
サイズ: 20cm/234p

少女エヴァの暮らしは、ナチス・ドイツの襲来とともに一変する。街なかでの憎悪の言葉と暴力、妹とふたりきりの潜伏生活、屈辱的な拷問、メンゲレによる人体実験…。80歳を過ぎた著…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2015年12月20日

13歳のホロコースト [著]エヴァ・スローニム

 「コスモポリタン」としてスロバキアで暮らしていた裕福なユダヤ人家族の生活は、ナチス・ドイツの襲来で一変する。13歳の時、妹と共にアウシュビッツへ送られた長女が約70年後に出版した自伝だ。
 強制収容所の回顧録は数多く出版されている。だが一人一人の体験は異なり、その人にしか記録できない極限の記憶がある。
 収容前、近所を散歩中の首相にユダヤ人だからと腹を蹴り上げられた。収容所で見た人体実験。「ぼくの名前を忘れないで」と叫んで去った少年。解放の瞬間に感じた「底も果てもない空虚」。著者の記憶は今も鮮明だ。「思い出してもつらいだけ」だったが、未来の世代のために執筆を決意した。
    ◇
 那波かおり訳、亜紀書房・2484円