1. HOME
  2. 書評
  3. 少しずつ重なり合う

少しずつ重なり合う

貘の檻 著者:道尾 秀介 出版社:新潮社 ジャンル:小説・文学

価格:1944円
ISBN: 9784103003366
発売⽇: 2014/04/22
サイズ: 20cm/422p

あの女が、私の目の前で死んだ。かつて父親が犯した殺人に関わり、行方不明だった女が、今になってなぜ…真相を求めて信州の寒村を訪ねた私を次々に襲う異様な出来事。果たして、誰が…

評者:朝日新聞読書面 / 朝⽇新聞掲載:2014年06月15日

貘の檻 [編]道尾秀介

 嫌な夢を見た時、夢で良かったと思う。しかしそれは本当に夢だったのだろうか。作品ごとに作風を変えてきた作家の、8年ぶりの書き下ろし長編。幻想と仕掛けで楽しませるミステリー。
 主人公の男は失職し、離婚している。月に1度だけ会える息子を見送った後、目の前で女が電車にはねられた。死の直前、女はこちらを見ていた。彼女の名前は、主人公に古い事件を思い出させる。
 32年前の真相を知るため、少年時代を過ごした信州の村へ。山にめぐらされた水路、一枚の写真。美しさとまがまがしさが作品を覆う。夢と現実は少しずつ重なり合うが、そうして浮かんできた真実が、また違う顔を見せる。
    ◇
 (新潮社・1944円)