1. HOME
  2. 書評
  3. 国家背負った大劇場の歴史

国家背負った大劇場の歴史

歌舞伎座五代 木挽町風雲録 著者:石山 俊彦 出版社:岩波書店 ジャンル:芸術・アート

価格:2160円
ISBN: 9784000259248
発売⽇:
サイズ: 20cm/229p

明治・大正・昭和の世相を背景に、芝居に賭けた男たちの生きざまとは。数々の困難を乗り越えてきた歌舞伎座125年の歩みを、キーパーソンである興行師に焦点を当てて、歌舞伎取材歴…

評者:隈研吾 / 朝⽇新聞掲載:2014年01月12日

歌舞伎座五代―木挽町風雲録 [著]石山俊彦

 まず江戸時代以来、「歌舞伎座」という名の大劇場が、脈々と伝統を継承してきた、という誤解が解かれる。第1代歌舞伎座(明治22年)以前は、小さな芝居小屋たちが盛衰を繰り返していた。
 外国通の人々が、ヨーロッパの首都に聳(そび)えるオペラ座という文化の殿堂を見て、「日本」を発揚するために、国家を背負った大劇場が必要だと感じ、「歌舞伎座」という文化装置を発明した。
 その後の紆余曲折(うよきょくせつ)が楽しい。この庶民的な、軽やかな芝居と、国家、経済との間に横たわるギャップゆえに、緊張、軋轢(あつれき)のドラマが連続し、多様な登場人物が華をそえた。最新の第5代歌舞伎座の設計に携わったこの僕自身が驚いてしまうほどに、この劇場の歴史はスリリングであった。
 しかし、逆に見れば、それだけエキサイティングなエピソードの連続だったからこそ、歌舞伎は緊張感を保ち続け、歌舞伎座は東京の中心として輝くのだと感じた。
    ◇
 岩波書店・2100円